予定

10/20(水)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア <opposition to pops>
w / 丸橋ミケ(黒猫財閥) / 鵺 / SPEARMEN / ankarise
前売/当日 ¥2,300/¥2,500
open/start 18:30/19:00

11/5(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア <opposition to pops>
w / height/ ISTE(アイスクリームを捨てられたので) / DEEPEREEZEMANA / 他
前売/当日 ¥2,300/¥2,500
open/start 18:30/19:00

11/29(月)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
w / 燐-Lin-/ コトナシソ / SIS / XYZAL
前売/当日 ¥2,200/¥2,500
open/start 18:30/19:00

2016年4月30日土曜日

昼間、劇団竹 「デンドロフィリアックが描いたデタラメなヴォイニッチ偽稿」を観劇。20年くらいまえ、創作の題材にフェティシズムはどうだろうかっての考えてみたけど当時の自分だとペラい内容になりそうだったので断念した事あり…。そんな事を思い出した。芝居を観て「追悼のざわめき」やら「小鳥達のいない花園」やらの空気感を思い出した。
夜、イメージフォーラムにて自主映画鑑賞。神長監督の「にくだんご」は23年くらい前にプロットだけは聞いてた事があったのに観るのは初めて。とりあえずそれだけでも十分な感激。もっとインパクトあったのは今は亡き中野武藏野ホールで映写技師をやっていた木村さんのはっちゃけた演技(?)だった。
上映後、宮下公園であまり愉快じゃない係員の「出て行って下さい」という声を聞きながら久しぶりのだめ連交流会。
夜中にテレビで観た「猛獣大脱走」もかなりの作品。