予定

9/22(土)
ゲルチュチュ@新大久保EARTHDOM
史上最悪LAST GIG

2018年9月20日木曜日

 政治家のくせに(勝ち馬の乗る)ってのは軽蔑に値すると思うんだが世間ではどんなもんなんだろうか。
 昨日観た「二代目はクリスチャン」の志穂美悦子が美しすぎたのでYOUTUBEで観れるだけ観てみた。こんな女優って今後出現するんだろうかと。
 夜、久しぶりに焼き肉。久しぶりすぎて食べ方を忘れたような気分。

2018年9月19日水曜日

 ネットでは(目が泳いでる)と言われていた首相だけど俺の印象では泳ぐというよりREM(睡眠時の眼球運動)のように見えた。ひょっとしたら首相は寝ながら寝言を言っているだけかもしれない。
 
 役所の用事はギリ、午前で終了。雨は今にも降りそうな様子。
たまたまテレビで観た(ペットボトルのキャップを投げる)ってやつをやってたら何となく時間が過ぎそうだったんで録画していた「この首一万石」を鑑賞。なんという傑作。アメリカンニューシネマばかりにはまってる場合じゃない。
 夜、ゲルリハ。22日のライブのためゲストキーボードをむかえてのリハ。
 帰宅後「ニンゲン合格」と「二代目はクリスチャン」を鑑賞。
「ニンゲン合格』、悲劇なのに妙におかしい。なぜだ。
「二代目はクリスチャン」、初鑑賞。イメージと全然違っていたが、ガッチリと井筒作品だった。

2018年9月18日火曜日

依然としてテレビでは樹木希林でそれはそれでだけど今日はまさかの山本KIDだったりで気持ちがあわただしい。
「フィッシュストーリー」鑑賞。気持ちいい映画だった。

2018年9月17日月曜日

 テレビは樹木希林の訃報ばかり。その情報量に対して不自然なくらい岸田森についての話題はない。離婚するとそんなもんなんだろうかと。
 どこぞのコメンテーターが「夫よりロック」って言ってたけど内田裕也のXデーにその人は何と言うのか楽しみだったりする。

2018年9月16日日曜日

「やくさ絶唱」(傑作)を見終わった頃、速報で樹木希林の訃報。あった事もない芸能人の死なのに割と効いた。

2018年9月15日土曜日

YOUTUBEをボイヤリと観てたら「メンバメイコボルスミ11」という80年代の漫才コンビに当たる。全然知らなかったけど面白い。ググってみると検索予想ワードで<紳助>って出てきてヤな感じ。

2018年9月14日金曜日

 八広は初めての土地。そんな場所でデリシャスウィートスの20周年カニバル。何とも多幸感のあるイベントだった。同時に「サイトウエレトリコは21周年だよ」と昨日マニアのK君から聞いたのを思い出して時間の深さをウッスラと感じたりする。

2018年9月13日木曜日

 負のオーラに満ちていたハローワークになぜか活気を感じる。某社から不採用の通知は予想通りだが多少のショックはある。採用されたらされたでちょっと面倒な気持ちでもあった。
「宇宙大戦争」「悪名一番勝負」を鑑賞。「宇宙大戦争」、無邪気。「悪名一番勝負」セイジがいない。全然悪名じゃない。
 夜はゲルチュチュのライブ。何だか絵に描いたパンクスらしい日になった。

ゲルチュチュ@新大久保EARTHDOM
w / ウサバラシ / MEBAE FACTORY / videkazz2

2018年9月12日水曜日

やっと離職票が届く。証明写真を撮る。包丁を買う。老眼鏡を買う。

2018年9月11日火曜日

「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」。素の天龍が思う以上に頭がキれる人だという印象。以前、某番組で映画について語っている長州力にもそう思った事がある。プロレスは文系でありレスラーは役者。
 YOUTUBEでマツモトクラブを鑑賞すること数時間の日。ブタ肉をマッシュルームやらトマトやらとまぜていためたらやたら美味くなった。

2018年9月10日月曜日

 五反田はいつ行っても見慣れない街。そんな五反田からの帰り、中野駅に50人ほどのインド人の女性の群れ。何事か不明。
「甘い生活」。名作と言われているらしいので一応観とくか、と。名前やら顔やらがわかりにくいので何度も巻き戻してみてみたが最後のパーティーのシーンのための前振りと思えばさほど問題なかったみたい。

2018年9月9日日曜日

「ヒメアノール」。タイトルが出るまでが長い。そしてタイトルが出てから途端に映画が変貌する。観たのが昼間でよかった。
 昨日テレビで観た<ゆで魚>をやってみた。悪くない。

2018年9月8日土曜日

「シュタインズゲートゼロ」、もうウツ展開がこじれすぎ。ハレンチ学園やらおおボラ一代やら的な。もう、途中まで観ちゃってるからやめるわけには行かない。

2018年9月7日金曜日

「ミッション」。おもいがけず面白くてトクした気分。

2018年9月6日木曜日

 次は地震かよと。こうなれば東京に天災が来ないのがおかしいような気がして来る。もしも今年オリンピックやってたら日本ってどう見えただろうかって。
 夕方、ダメモトで応募した会社から面接の連絡。日程決まってもボンヤリムード。

2018年9月5日水曜日

 役所で年金の切り替え手続き。まだそこまでしかできなくてちょこっとばかしイライラしている。ティッシュやラップが切れてる事を思い出し買い物。それだけで汗だくになる消費活動。先月までの職場のタイムラインは普通に通知されてるし。
もっぱら次の仕事の準備やら整理やらでほぼ終わる。
 夜、ゲルチュチュリハ。昼から腹をこわして終始力の無い音しか出ない。

2018年9月4日火曜日

 また台風。個人的にはちょっとした台風は割と好きな方なのだがこう立て続けだとウンザリする。しかも(非常に大きい)ときている。来るかどうかわからん外国からの攻撃よりもリアルな天災の方が恐いのが普通っちゅう話。
「続・酔いどれ博士」を観た。オープニングからレイプされそうな女の子を救う勝新がかっこいい。どですかでんの街にやってきた赤ひげを大宮イチが演じている感じ。そしてどことなくアメリカンニューシネマっぽさもあったりする。つまり最高って事。あと、映画に出て来る妙なかわいさがある小説家志望の看護士役の女優(声に聞き覚え有り)を調べたら樹木希林だったというオチもいい。ただ、いきなり(続)を見てしまった事にちょっとモヤモヤするところ。

2018年9月3日月曜日

ヒマだ。一社から書類選考落ちた連絡あり。ヒマだ。ヒマなもんで外の草刈り。ヒマなもんで洗濯。ヒマなもんで夕食手作り。
ヒマなというわけではないが「さらば冬のカモメ」を鑑賞。ナンミョーホーレンゲッキョーってつまり創価学会か。ちょうどアメリカで布教はじめたころじゃなかったろうか。ニコルソンのイカれた演技。

2018年9月2日日曜日

濱口竜介監督の「ハッピーアワー」を数日かけて鑑賞。キツイと思ったのは俺が離婚経験有りのせいかもしれんが希望も見えたりするし妙におかしくもある。何かに似ている。カサヴェテスだっけ?

2018年9月1日土曜日

 昼間、阿佐ヶ谷に出向きこの前(七夕祭りの時)食えなかったミート屋へ。特盛りでかなり満足した後に目の前のたいやきも。
 夜、ヘブンズへ。

ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
w / 14代目トイレの花子さん / うしろ前さかさ族 / ヒゲと味噌汁 / クロイトリ

久々に割と満足気なライブ。こんな時って録音したのを聞くとそうでもなかったりするのだがどうだろうか。/ヒゲと味噌汁。途中のトラブルを繋ぐトーク力ある人って本当にスゴいというかうらやましいというか。

2018年8月31日金曜日

 福島の仮設住宅が二年後に無償提供が終了。オリンピック前の仮設住人ひとくくり感がヒどい。原発をコントロールできてないのに人間はコントロールしようとするのが目に見えてエグい。
 会社の飲み会にて送別される。給料以外は割と気に入っていた仕事だったがそれも今日まで。明日から失業者。派遣は面倒くさい。今の派遣法作った人、みんなウンコまみれになって溶けて死にますように。
 帰宅後テレ朝の「dele」。内容良すぎ。その後なぜか「サタデーナイトフィーバー」。あまりにもメジャーすぎる作品なのに観るのは実は初めて。日常に不満抱えた若者が週末だけダンスのヒーローになるっていう<イニシャルD>的なもんだと思ってたが見終わったらな<台風クラブ>を思い出した。(イニシャルDもちゃんと読んだ事なかったっけ…)

2018年8月30日木曜日

 竹中直人のソロアルバム「かわったかたちのいし」と初監督作品「無能の人」が石でつながってる事に20年くらい経って気付いた。
 夜、なんとか今年も錦糸町河内音頭に参加。エンケンの提灯は今年もがしっかり点灯していた。佐世保バーガー1個で満腹になる体になってしまった事がくやしい。

2018年8月29日水曜日

 ゴールデンラジオのポッドキャストで聞いた伊藤亜紗の「どもる体」っで本がとても気になる。2000円ってちとばかし高いけど(どもりアルアル)は自己分析にもなって面白いかも。
 アイボが(<相棒>もかかってる!)と今さらながら気付いた。
 夜、ゲルチュチュリハ。いろいろ試してみた。

2018年8月28日火曜日

 昭和が終わった直後に手塚治虫が死んで「昭和、終わったー」ってのを確かに感じていた。
 昨日さくらももこが死んでさらに「昭和が終わったー」って感じ。ひょっとしたら平成って昭和と次の元号の中継ぎみたいな存在かも。
 昼、某社の面接。面接するのもされるのも慣れない。いつも変な汗が出る。

2018年8月27日月曜日

 朝、通勤途中、目の前を歩く女性に向いの男性の誰もが視線を向けている。横断歩道で信号待ちの時にようやく見えたその女性の顔はルーシーリューに似ていた。
 昼、某有名ビジュアル系バンドのドラマーがオーナーのラーメン屋で食事。なぜかそれからずっと腹をこわして苦しい思い。
リンゼイケンプとさくらももこの訃報がほぼ同時に入って来てプチ混乱。
 夜、自宅まであと100m付近でゲリラ豪雨に巻き込まれ他人の軒下で雨宿り。カミナリ恐すぎ。

2018年8月26日日曜日

 沼袋の氷川神社の祭りへ。ご近所の女子の同級生の浴衣姿の可愛いって事に男子が気付くのは時間がかかるんだろう、とか思ったり。
 デリシャスィートスの出し物を観に行ったのだがその前のカラオケ大会に出ていたモノホンのオペラ歌手のイヨマンテの夜にも度肝をぬかれた、あと、無茶苦茶暑かった。

2018年8月25日土曜日

 こむらがえりの激痛で目が覚める最悪感。よくよく考えるとそれほど最悪でもない。痛いけど。
 暑いのでひねもす自宅待機。座頭市観たり「世界の一つのプレイブック」を観たりの日。ティファニーは魅力的だがイラつく。ジェニファー・ローレンスという名前はとりあえず覚えた。夜になりようやく外出、というか食事へ。ずっと気になっていた近所の居酒屋(きゅう)のチキン南蛮が美味かった。

2018年8月24日金曜日

金曜といえば「dele」って感じで最近ハマってるドラマ。毎回(やりきってる)じゃなくって(もう少し物足りない)くらいが良さがある。

2018年8月23日木曜日

アメトークのWWE芸人。バラエティとはいえテレ朝に中邑真輔が出ている事にちょこっとばかし興奮する。

2018年8月22日水曜日

ゲルチュチュリハ。いろいろ試したいフレーズあるんだけど今回は頭の中と実際が違いすぎてダメだ。

2018年8月21日火曜日

<笑い飛ばせばそれで良かった>っていう爆笑問題太田の裏口入学に関する新潮の見出しってちょっと品が無いというが酷い。単なるいじめっこと手口が同じ。志が低い感じ。

2018年8月20日月曜日

 かつてロンボク島という名前で音楽をやってた身としてロンボク島の地震が気になるところ。縁も所縁もないただ名前を借りただけでこんな具合になるのはデリケートすぎるだろうか。
 沖縄はデニー氏が出馬するとかしないとか。いける?いけそう?

2018年8月19日日曜日

「スーパーヒーロー対戦GP 仮面ライダー3号」に出て来る<歴史改編マシン>って武器。とんでもなさすぎる。
 最近、というかここ数年は腰痛と右足の痛みが1セットになってて正直割りとウザい。自転車生活から離れてしまったのも原因なんだろうなと。そんな事をボンヤリ考えてたところで阿佐ヶ谷に行く用事ができたのでちょっとだけチャリ。わずかばかり体調良くなった感じがした。

2018年8月18日土曜日

 汚れた帽子を片っ端に洗ってみた。茶色い水がドロドロ出て来た。なんかヤバイ。
 夜、いつも前を通る事しかなかった居酒屋へ入ってみたがこれが結構良かった。そして「いなご」は閉店したままだ。
「幕末純情伝」を観た。リアルタイムはちっとも興味なかったが面白かった。牧瀬里穂がすこぶる可愛い。

2018年8月17日金曜日

沖縄の護郷隊やらソ連の日本人慰安婦とかいまだに知らなかった事実が出て来る。隠したがってるかっこ悪い人がいる。

2018年8月16日木曜日

ひさしぶりの仕事なんでなんだかバイトのような気分。なんとなく退社時間になった。
夜、ゲルのリハ。ギター不在で全部新曲の様。

2018年8月15日水曜日

トリそぼろを生まれてはじめて作ってみた。完璧だった。
髪を切った。何度もやってるのにちっとも完璧ではない。

2018年8月14日火曜日

「あさイチ」で見たトリそぼろが美味そうだったんで作ってみようと思ったが思っただけだった。

2018年8月13日月曜日

 もはやデフォルトの腰痛。動いても動かなくても苦痛であるには違いない。
大阪の脱走犯、昨日は強制性交未遂つってたけど今日の報道は強制性交容疑って言い方変わってるような気がすんだよね。どっちが本当かわからんけど煽られてるような気がする。

2018年8月12日日曜日

「関東幹部会」「駿河遊侠伝 破れ鉄火場」を鑑賞。なぜか水原弘二本立て。
夜、この前のライブでレロレロの新メンバーって紹介したケンタロウ(と、その家族)の送別会。アメリカ移住なのだがちっとも離れる気はしていない。

2018年8月11日土曜日

黒沢清のVシネ観たり渡哲也の「関東流れ者」観たり。渡哲也の<あの髪型>って時代性だと思ってたけど共演の原田芳雄を見ると決してそんな事なくって。一本の映画のなかにいろんな時間が流れている感じ。

Juicy Lero Lero @ 国立 地球屋
-Juicy Summer Demonstration-
GUUSUN 
OZMZO a.k.a SAMMY / TEANT / TORAgon
OVERHEADS

レロレロでの地球屋って久しぶり、というかレロレロ自体久しぶりなんでしようがない。10何年ぶりにベースのチューニングが狂う(前回は台中でみみーちゃんやった時)。細かい狂いは演奏中に修正してたけど今回のはひどかった。まあしょうがない。モヤモヤしたまんま終電近くに帰宅。昨日感じた不安ってこんな事じゃなかったのに。OVERHEADSはやっぱり気持ち良い。

2018年8月10日金曜日

レロリハ。ライブ前っつうのに覚えなきゃならん事がまだまだある。明日のライブ、割と不安だったりする。

2018年8月9日木曜日

 今日は毎年恒例のロシア大使館前の街宣車の抗議。スピーカーから流れる馬鹿デカイ声明はロシア人にとっては理解不能な外国語だったりする。
 ゲルチュチュのリハ。最近はリードのカビを洗うとこから始まってるような気がする。100均で買ったタッパーをリードケースに使ってる事が原因に違いない。が、ちゃんとしたケースを買う気も特にない。穴開けるとか乾燥剤入れるとかすりゃいいのか?

2018年8月8日水曜日

 「男として」語る山根会長にとって女子のアマチュアボクサーは飾りみたいなもんなんだろうか。
 台風が近づいてるってんで会社からも「早く帰れ」っつう事で夕方5時に早退。特にする事無し。
 翁長知事が亡くなった。意思を次ぐ人がいなければ二度死ぬ事になる。

2018年8月7日火曜日

「太田光裏口入学」って新潮の広告。なので久しぶりに「カーボーイ」を聞いてみた。冒頭から期待以上のしゃべり。裏口が本当なら800万もらってさらにその秘密を売った人がいるって事。多分極悪人だ。

2018年8月6日月曜日

本気かどうかわからんがサマータイム導入とのうわさ。PCのトラブル、交通機関のトラブル、睡眠障害、うつ秒、自殺、熱中症…とかいろいろなトラブルが予測できるが…。もうなんだかどれくらい無茶苦茶になるのか見てみたくなってきた。日本一の馬鹿決定戦の様相。

2018年8月5日日曜日

溜まっていた宿題をなるべくこなす。仕事とか音楽とか。終わらないけど。このちっともこなした感じがないのがじわじわとストレスになる感じ。
綾瀬はるかはワールドカップから甲子園になってもテレビの前でコーラを飲み続けている。

2018年8月4日土曜日

 早起きしてラピュタ阿佐ヶ谷でおやえさん二本立て。久しぶりの阿佐ヶ谷の印象は(文化レベルたか~)という感じ。落ちてるゴミが映画のチラシだったり灰皿がいろんなとこにあったり。
 映画の後かつての俺の住処に行ってみたりタイタンがでかくなってたり。
ミート屋で納豆スパゲティを食べようと思ったが七夕祭りで特別メニューしかなかった。なので帰った。
「海底軍艦」と「ニッポン無責任時代」と「勝手にしやがれ 強奪」を観る。

2018年8月3日金曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
w / 黒猫財閥 / 暗黙のストライカーズ / 扇愛奈とKanna / Devil Dalipop

サックスを吹きすぎないように…と注意していたけど直前のにすぐに影響されてしまう。今回だけじゃなくって対バンの影響受けるのっていつものことだがそれもライブってもんだからしょうがない。

2018年8月2日木曜日

東京医大の差別入試。これをくぐり抜けた女子生徒ってかなり優秀って事なんだろうなと。馬鹿にされた男子も怒っていいのではと思う。

2018年8月1日水曜日

 今朝の朝ドラの「死んでくれ」ってセリフが妙に面白くて、もう脚本家は確信犯的に書いているよう。今後もむかつきながら最後まで観る事になりそう。
 ワイドショーは山根会長一色で。どことなく真樹日佐夫を思い出す。文才があれば転向すればいいのに。

2018年7月31日火曜日


ゲルチュチュのリハ。リードの調子がだいぶ良いので吹き過ぎに注意。

2018年7月30日月曜日

カーネーションの再放送が再開。このまま相撲が続いていたら相撲がクソ嫌いになりそうだった。レイフギャレットの「ダンスに夢中」が脳内でかかりまくった日。

2018年7月29日日曜日

 暑い。けど池袋西口にオトナナトリオを観に行く。今年二度目のラーメンWAR。音がもすこしデカけりゃもっとよかったのに。野外ライブの面倒臭い事情がありそう。
 暑い。ので、すぐ帰宅。「新宿スワン」観たり(「2」は80年代の鈴木則文ちっく)爆風銃の映像をYOUTUBEで観たり(こんなのが観れるとは)。その流れで爆風スランプの懐かし映像観たりする。脈絡あまりない日。

2018年7月28日土曜日

気圧のせいかいつものことかわからんが腰も頭もいたい。ひねもす自宅。
「DISTANCE」この時期にオウム信者が処刑って事で予期せずタイムリーな作品になっちゃってる。
「フューリー」ドイツ軍は何人もいるくせにたかが戦車一台に何でこんなにてこずってんだ?全然命中しないじゃないか。っていうか、逃げればいいのに、馬鹿か。とか戦車のタイマンが意外と面白かったりとか。もっと深くキついのを想像していた。
「南極料理人」きたろうは面白い。

2018年7月27日金曜日

 職場の人に教えられた会社近くの宗教施設のレストラン。笑顔に満ちたポスターの気持ち悪さを我慢して辿り着くと今日は休日だった。予定変更して別の店で焼き魚定食。(ソイ)という魚を初めて食べた。硬かった。
 夜、ゲルチュチュの練習。ベースがお休みのためいつもと全然違って聴こえた。ギターのチューニングが狂っていただけだった。

2018年7月26日木曜日

 朝ドラ見てたら「ぼくってゲイだから何の取り柄もなくて…」という台詞が聴こえて来た。ドラマの筋と関係ないしウスッペラくもある。気のせいだろう。
 カツカレーはどうしてカツを乗せたライスの上にカレーをかけるんだろうか。それではライスとカレー味のカツになってしまう。カレーライスの上にカツを乗せるのがベストなのでは?とそんな事を思う今さら。

2018年7月25日水曜日

昨日今日、二日連続でうちのポストに聖教新聞が入っていた。
うちのポストに聖教新聞を入れた人がどうか犬をウンコを毎日踏みますように。

2018年7月24日火曜日

朝、ラジオのポッドキャストでミッツマングローブを聞いていた。するとどういう事でしょう、昼間食事に行こうとしたら徳光和夫を目撃してしまいました。(どうでもいい)

2018年7月23日月曜日

Googleのストリートヴュー、久しぶりだが暇つぶしに見ていた。なんとなく自宅の前に行ったらうちの洗濯物のドアップが。これは訴えてよいものだろうか?

2018年7月22日日曜日

 今日のレロリハは午前中から。休日の朝からリハってのに平均年齢の高いバンドぽさがある。
 練習後、自宅でYOUTUBE三昧。どっかの誰かがビデオに撮りためたのをまんまUPしたような80年代のジャパパンクの映像だったり松村邦洋とかミラクルひかるの映像だったり。気付くと数時間。

2018年7月21日土曜日

Kの命日。ちょうど20年目だっけ?そんな事をぼんやりと考えていた日。いろいろわずらわしい事がありそれどころじゃないんだよ。

2018年7月20日金曜日

 曜日の感覚がない。?今日は金曜日か…。暑さのせいで狂ったんじゃなくて月曜が休みだったせいだ。そうに違いない。
テレビは暑さ対策とその後の豪雨災害ばかり。まともな国会中継もしない間にカジノ法案というセコさが際立つ。ヤバさ慣れというヤバさ。
「半分青い」でイラっとして通勤するのが日課の日々。
「完熟フレッシュ」がCMまで出るようになった。「ロックンロールコメディーショー、解散するんです…」と西大井 美華飯店で語ってから約5年。感慨深すぐる。
 どうでもいい事だが「シャイニング」の奥さんと「ポパイ」のオリーブが同じ人だと今日初めて知ったのは収穫。今後シャイニングを観る目に大きな変化があるに違いない。(むしろポパイをより恐ろしく感じる方がデカいかも。ポパイの実写版なんて観る機会ほとんど無いと思うが)

2018年7月19日木曜日

 雨も太陽も敵にまわるこのごろ。体育館住まいの人が救われる法律は一個もないっすね。オスプレイ1機買う値段でエアコン何台くらい…とか。
 夜、「蒲田行進曲」を久しぶりに観た。この映画の二年後に「嫁ぐ日'84」で主役やる萩原流行が銀ちゃんの手下で出ているのに気付いてグっときた。

2018年7月18日水曜日

 ナタを持った小さな男が遠くからスゴい勢いでやって来る夢を見た。そのスピードから相当の脚力とスタミナを持っていると思われた。走って逃げてもすぐに追いつかれる。乱闘になったら息を切らしてる俺はすぐに殺られるだろう。近くに建物の屋根に続くハシゴが見えるが登っている途中で下からナタで攻撃されるだろう。→ならば、動かないで体力を温存して戦うのが一番ではなかろうか…と思ったとこで目が覚めた。
 こんな夢を見たのは昨夜途中まで観た「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」のせいに違いない。リンチ好きなのにツインピークスは観た事なかった。ドラマは長いし、かといって映画だけ観ても…なんて思って。っで、ドラマ観てないのに映画だけ観ちゃった今回。わりとわかりやすいと思った。リンチって難解っていうのをよく聞くけどそれってわかり易くしようとして行き過ぎちゃってるだけのような気がする。見ずらいから目を細めて遠くをみようとするけど実は足下にありました…みたいな感覚。解釈含めて全部間違ってるかもしんないけど。
 夜、ゲルチュチュリハ。ラッパの調子はいまいちだがハッチから甚平をもらった。
 寝る前に「地獄のバスターズ」を観る。イタリア製ってのが一番の要因だと思う。

2018年7月17日火曜日

くそ暑いうえに考え事多難。
夜、CSでブルースリー(危機一髪)。(おメぇが最初から全員ブっとばせばよかったのに~)。そこがいいんじゃない。

2018年7月16日月曜日

「この愛の物語」ほぼ蒲田行進曲。オープニングで子供を産んで自殺する女性の名前は小夏だが松坂慶子ではない。最後の映画撮影のシーンはかなり狂ってて面白い。
「おバカんす!家族」(お笑いは日本が世界で一番レベルが高い)って言ってる人はこれを観て死ね。
夜、レロリハ。三歩進んで二歩下がる…って感じ。(二回目)

2018年7月15日日曜日

「十三人の刺客」木賀小弥太が生きてたのが良かった。敵味方まとめて殺していればもっと良かった。侍がイバるのは俺も嫌いだ。
「名探偵登場」好きなギャグはあるにはあったが忘れてしまった。眠くなる映画。

2018年7月14日土曜日

SCOM2.1@高円寺ドムスタ
なんかの企画だったがよくわからないまま呼ばれて練習みたいなライブ。なぜかドムスタのライブっていつもそんな感じなのだ。

「暴力金脈」ノーマークだったがGoo!。ただし猫好きは観ない方がいい。
「美女と液体人間」人食いアメーバっていう古い映画を思い出して(どっちがパクった?)と思ったが調べたらほぼ同時期だった。CGではなくこういう特撮で進化してたら…と思うと夢がふくらむ。
「ガス人間第一号」傑作。ザ・フライとかファントムオブパラダイスとかが頭を過る。八千草薫、美し過ぎ。

2018年7月13日金曜日

「誰も知らない」を観た。柳楽優弥がカンヌで賞とったのは有名だけど韓英恵もかなりのものだと思う。

2018年7月12日木曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
w / らスマエヒーローズ / はらくっち / オニオンシュテン / BAD TASTE CABARET

今日はベースの弦が切れるところを見れたので良い事があるかもしれない。

2018年7月11日水曜日

福島原発裁判。「想定外とは必ずしも言えない」と証言した東京電力の関係者。この7年間どんな気持ちだっただろう、とか被災者が体育館ですごしている間に議員を6人増やす事に賛成する政治家の気持ちはどんなもんだろう、とか。

2018年7月10日火曜日

進行「リューホー先生のレー言。今回は先日お亡くなりました桂歌丸さんにきていただきました。」
大川「山椒は小粒でピリリと辛い、うたまるでーす!」
進行「せっかく来ていただいたんで一つ落語を聞きたいんですが」
大川「はい、いいですよ。じゃあ、大喜利やりまーす!」

  …ってのを主に妄想。

2018年7月9日月曜日

 全く気付いていなかったが大雨の被害がドえらい事になっている。オウム教信者の死刑執行より話題をさらっている。これって計算外なんすかね…。政府のダメなとこが際立ってきているような気がするけど…。
 夜、レロレロリハ。3歩進んで2.5歩下がる感じ。

2018年7月8日日曜日

 六本木に<初期型>を観に行く。いろんな人が出演するダンスのイベントなんだけど一つのプログラムで2000円で入れ替え制って広がりが無いイベントだな…とか思ってね。っで、<初期型>は知ってるネタでもいつもより面白く見えたのはスペースのせいもあるのかもしんないからシステム以外はいいイベントなのかもと。バンドだったらライブハウスで観たいバンド以外のも観れるっていう環境が多いのでそう思っちゃうのはしょうがない。ライブハウスで(どのバンド観に来ましたか?)ってのもヤはヤだけど。
 夜、「ブルーバレンタイン」を鑑賞。ロードショー時は精神的にまいっていた時で観るのがおそろしかった作品だった。なんて意地の悪い映画なんだろうか、やっぱその時観ないで良かった。いや、観た方が良かった?

2018年7月7日土曜日

 朝から家のJ-com WiFiが繋がらない。障害情報もなくTwitterをみても近所のトラブルは見当たらない。それでも(しばらくしたら…)と思っていたが一応J-comに電話。2時間後くらいには修理屋が来て壁の回線を交換して復活。原因は回線の老朽らしい。俺は5年ほどしか住んでないのに老朽化とは、と。同時にそんなに住んでいるのかとも。
「俳優 亀岡拓次」と「悪名一代」(なんかシリアス観たかったのと違う。森光子はいい。)と「神戸国際ギャング」(高倉健を初めてカッコいいと思った)と「ドラゴン 怒りの鉄拳」(とっととやっつければ良かったのに)と「ドラゴンへの道」(内容はうすい。そしてネコが可愛い)を観る。

2018年7月6日金曜日

 麻原死刑執行、ってニュースを通勤直前に知って電車に乗るのが恐い。それのせいで警備を強化しなきゃならんって死刑にどんな意味があるのかわからん。「テロには屈しない」つって日本人を危険に晒す馬鹿とやる事が似ている。
 って気持ちで電車に乗る。週刊誌の記事は小室(テツヤ)と小室(宮家の婚約者)。ヒトシやユリはどうしてるか知らない。

2018年7月5日木曜日

「駿河遊侠傳 賭場荒し」作品も脚本も悪くないがなんか足りん。

2018年7月4日水曜日

 例えば「セクハラしたい!」と口に出すのってセクハラだろうか、って考えてみた。実際にセクハラはしていなくて行動を押さえている感じ。/「人、殺したい」とか「放火したい」とか、口に出してるやつは犯罪は犯してないけど端からみてやっぱダメなような気がするんでやっぱダメという結論。
 電車の中で小柄な女性と目が合ったと思った瞬間、女性は自分の胸元をバッグで隠したんで(なんか、すいません…)的な気持ちなったと同時に(疑われたかも)という不安感になったり。自分の身長が150ぐらいだったらそういう事も少なかろう。地下鉄でスマホも活字もなく広告も観たくないときってみんなどこに目を置いてるのだろうか。

2018年7月3日火曜日

 カーネーションの再放送。やっぱりすごく良い。そして当時気付かなかった発見もあったりする。濃厚すぎて朝ドラには勿体なかったのかもしれない。いまやってるやつみたいなペラペラなのがちょうどいいのかもしれない。
 夜、ゲルチュチュリハ。オクターブキーを押した時のE♭が最近ずっと出てくれなくて悩みだったがようやく原因がわかったとこで問題解消。サックス偏差値が2くらい上がった。

2018年7月2日月曜日

 歌丸の訃報。ちょっと前から世の中ではカウントダウンに入っていたような雰囲気だった。歌丸の落語を実はちゃんと聞いた事がない。俺の中では<笑点>の歌丸だったのは本 人にとっても不服だろうに。
 夜、母に電話してみた。割と元気そうで良かった

2018年7月1日日曜日

母からの手紙、ちょっと前に既に届いていたものだが長文なんで今日ようやく読み終えたところ。読み終えた後で電話しようと思ったが今日はやめとく。

2018年6月30日土曜日

 昼間、京王線 芦花公園へ初めて降りる。街が広い感じ。ハイソな感じ。文化レベルも高い感じ。総じてなんかイヤな感じ。その中でも最も文化レベル高そうな世田谷文学館に入る。中で行われているのは林芙美子展。これもまた俺があまり興味ない作家でモヤモヤしていたがその中からデリシャスィートスが出て来てようやくホッとした。
 夜、メキシコvsアルゼンチン、面白すぎ。ワールドプロレスリングではスーパーストロングマシン引退。久々のワカマツはヨボヨボで面白い。俺の中ではスーパーストロングマシンといえばvs藤波。そういえばこの前死んでしまったベイダーも藤波戦が面白かった気がする。藤波ってすごい。

2018年6月29日金曜日

「宮本から君へ」最終回。放送尺に合わせる為に大ネタを<あえて>封印してある部分へ集中させた感じ。印象良い終わり方。
「選挙2」前作よりはるかに(良い意味で)政治家っぽく成長している。生き生きしているのに落ちる。まるでアイドルが唄が上手くなったのに人気が落ちるのに重なる。

2018年6月28日木曜日

 ドカベンがやっと完結したらしい。じゃあ読んでみよう。
「プロレス 悪魔の辞典」読了。30代以下の人は「プロレススーパースター列伝」と合わせて読むのがおすすめ。(プロレス スターウォーズとかも)
 夜、日本対ポーランドのサッカーの試合い。日本がボールを回すだけの滅多に観れない展開がちょっと面白い。同時に試合いしてる意味ないじゃん!とも思うけどね。それよりも試合い後に「不本意ながら…」みたいなほんとにつまらない。「イエー!作戦成功!」くらい言ってほしかった。日本代表っていつもそういう悲壮感漂わせるから嫌い。ダサかっこわるい。

2018年6月27日水曜日

新宿の公園のデモ使用禁止ってのはヘイトへの対策らしい。ミソとクソを分けられなくても新宿では公務員になれるらしい。

2018年6月26日火曜日

「子供を生まないのが幸せ」は勝手な考え、って言ったやつが何でアホかと言うと子供を育てにくい社会に誰が勝手に変えて行ったかってのを想像できない(というかしようともしなないのかも)から。少なくとも自民党の年寄り議員が言う言葉じゃないと思うよ。

2018年6月25日月曜日

表に「焼き魚定食」とチョーク書きしてある店に入るがすでに品切れ。仕方なくカツ丼を注文。しばらくこの店で焼き魚に出くわしていない。仕方なくともカツ丼を食えるのは悪くない。

2018年6月24日日曜日

「ザ・ファイター」鑑賞。白人の貧困層って不思議と余裕に見える。
夜、仕事の書類作り(やる気無し)。
 夜中、たまたま本田が同点ゴールを決めたとこを見た。じゅんいちダビッドソン、まだネタが尽きない。

2018年6月23日土曜日

 今日のレロリハは学生の部室のよう。
「ブルージャスミン」と「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」を鑑賞。ウッディアレンって若い時からずっと合気道の師匠のよう。小林旭はおぼっちゃまくんのクラスメイトのよう。

2018年6月22日金曜日

 良い事も悪い事もあった日。で、どちらかというと悪い事が6割くらい。死んでないので寝るまでには半々くらいにはもっていけるだろう。

2018年6月21日木曜日

 カナダでは10月からマリファナが解禁になるらしい…と電車の中のとなりの人のスマホの画面で知る…というかとっくに解禁されてたと思ってたので逆に意外な感じ。
 夜、ライブ。平日らしく客は少ない。

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
w / 扇愛奈とkanna / heavenphetamine / 10.1000(点線) / 荒木宝

2018年6月20日水曜日

 昨夜は悔しさとか後悔とかであまり眠れない。
「選挙」を観る。候補者の名前は覚えたが何をしたいのかさっぱりわからないのが不思議であり恐怖であったりする。観察映画って残酷だと思った。ラストに何の感動も無いのが特におそろしい。

2018年6月19日火曜日

「妖星ゴラス」ハリウッドだったら「アメリカ万歳!」で終わるような映画。世界が協力するところはちょっといい。が、外れた軌道を戻すのは至難の技。だって北極は海だから。
「唐獅子警察」なぜ警察かは最後まで謎だった。
夜、ハンドをしたサンチェスの気持ちになりきって寝ようかと。

2018年6月18日月曜日

地震のニュースに気持ち砕かれ気味。原発もオリンピックも止まりはしないし前のも終わってないし。馬鹿みたい。

2018年6月17日日曜日

「高慢と偏見とゾンビ」(特に感想無し)「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(痛い)「クライムオブパッション」(期待外れ)「ゼロアクティビティ」(三半規管を刺激されて気持ち悪い、そしてサンドラブロックが妙にエロい)を鑑賞。家の中でこんなんだったら腰に悪いに決まっている。

2018年6月16日土曜日

 腰が痛い。なんで毎週末こんなめにあうのだろうか。
 岡本喜八の「大誘拐」を観た後に新宿散策。(誘拐犯の一人を演じた内田勝康って人は他に何に出ているのか気になる)。
まず沖縄そばを喰らいペペの楽器屋へ。機械をいろいろイジった後にリードとベースの弦を購入。高い消耗品を買うのはいつも気が滅入る。紀伊国屋で漫画を見渡すが目的のものは無く高円寺へ移動。やっぱり無い。<オサエ>として考えていたあるTシャツを中野ブロードウェイで購入。パートナーさんへの誕生日プレゼントとする。
 夜、「パンダコパンダ雨降りサーカス」を観る。この頃からトトロだったりポニョだったりカリオストロだったりと何かスゴい。

2018年6月15日金曜日

「万引き家族」を「観ない!観るな!」つってるネトウヨ(って言うのか?)とか「朝日新聞は読みませんが」と言ってる某大臣ってどうして知らない事を自慢げに言えるんだろうかって。例えばいろいろ考え抜いて右翼になった人ってこんなのと一緒にされんのはたまらんだろうな…と。

2018年6月14日木曜日

 新幹線での殺傷事件。自分が近くにいたらどうだろうか、などと脳内でシュミレーションしてみる。きれいごとを言うわけでは無く、助けに行ってたのでは…なんて事が最もリアルに思い浮かぶと同時にズタズタに殺されるのを想像してしまう。自分は殺される側の人間かもしれない、とちょっと恐ろしくなったが別に体は鍛えない。
 夜、ゲルチュチュリハ。相変わらずE♭がうまく出ない。

2018年6月13日水曜日

 今の朝ドラとかつての朝ドラ「カーネーション」の再放送でギャップがありすぎるが今のものが本来のの朝ドラデフォルトなのかもしれん。何でもかんでもセリフにする方が薄っぺらく観ても理解しやすい。それでもいつかまた「カーネーション」みたいのやる事を期待してたりもする。
 袴田事件は上告棄却になった。それなのに死刑囚は死刑囚のまま塀の外にいる。「無実だった」っていう記録を残したくないだけの馬鹿がどこかにいる。

2018年6月12日火曜日

 米朝会議の話題ばかり。今のところ日本の首相がもっとも外交下手という感じがする。というか成功した外交ってあったっけ。
 昨夜作った音源のミスに気がついたのは朝起きて10分後くらい。今日は帰ったらゆっくり映画観ようと思っていた計画を断念しすぐにPCへ向かう。なんとかテッペン前に中野郵便局に到着&郵送。中野に住んでてよかった。

2018年6月11日月曜日

 帰宅後すぐにPCに向いゲルチュチュの音源作成。夜、中野郵便局まで持って行くというのが目標だったが間に合わず。久しぶりの作業でミックスの勘が戻らない。
 夜中、森田童子の訃報。最後まで「らしい」感じ。

2018年6月10日日曜日

 グミの実の味を知る。どうやって知ったかは秘密。甘くてシブかった。
 夜、雨の中を矢川まで。久しぶりの楽市楽座の題目は「赤いクツ」。見終わった後の多幸感。野外劇なのに雨が降っていた事を忘れていた。存在する限り今後もずっと観て行きたい劇団。

2018年6月9日土曜日

 現職の田中区長の事務所には泉麻人のポスターが貼ってあってなんだかなーと。
 夜、近所のレコードショップ「中野天獄」(いつのまにこんな店あったんだ)の「それがロックなら、わたしロックじゃなくていいかも。」というイベントへ。出演は死神紫郎/HARIKOZUE+上野洋子/横田ユウ/SAWADA。狭くて腰が痛くなったが面白いイベントだった。20人くらいで一杯の会場に自分が中学の時代から聞いている某ミュージシャンの姿が見えて軽く目眩と動揺。頭の中で「九月の海は〜」なんて曲が流れる。
 そんな状態で帰宅後「贖罪_最終回」を観る。黒沢清だった。

2018年6月8日金曜日

「フジコ_ep最終回」を鑑賞。なんかモヤモヤする。
CSで霊幻道士だか幽幻道士だかを一挙放送するらしいのでこれを期に全部観てみようと思っている。全く観た事ないで詳しい事はよくわからんがどっちかが香港でどっちかが台湾らしいとの事。どうでも良いがチラ見した「霊幻道士 こちらキョンシー退治局」(2017)に出てた女の子はリアルドールのように可愛かった。

2018年6月7日木曜日

「フジコ_ep5」「王将」(73)を鑑賞。「王将」の映画の中では玉緒が先に逝ってしまいグっとくるものがある。

2018年6月6日水曜日

 家のポストに<イカニモヘイト>な感じチラシが入っていた。今度の中野区長選挙に向けてのもので名指しである候補者を非難している。どこの陣営が作ったものかわからんがチラシの中で非難されている人は多分敵ではないような気がするのでその人に投票しようと思う。
 夜、ゲルチュチュリハ。使えるリードはわずか3枚と判明。ダメになったリードを復活させる事はできないだろうか。(割れてるので多分できない)
帰宅後「贖罪_ep5」を鑑賞。池脇千鶴のふてぶてしい演技は良い。

2018年6月5日火曜日

 近所のグミの木が気になる。俺はグミの実を食べた事がない。どうやら甘いらしい。その家は人が住んでる気配が無いので採っても怒られないような気がする。
「フジコ-ep4」「ケンとカズ」全くもって気が重くなる2本を鑑賞。

2018年6月4日月曜日

 昨夜、寝る前に観た「スラップ・ショット」(77)は凄く良かった。何の前知識もなく何となく録画した映画だったが観てよかった。そんなんなで今日はずっとその映画の事が頭に浮かんでいた。アホの騒ぎを一番のアホが全て持って行く感じはいい。「パンツの穴」のウンコ戦争を宇宙人が現れて止める下りを思い出した(武田鉄矢の最高の仕事だと思う)。
 夜、「スウィートチャリティー」を20何年振りに鑑賞。チャリティーをフった男は下らない男だが40代になって改めて観るとちょこっとだけ気持ちがわかるような気がした。

2018年6月3日日曜日

腰が痛くてたまらん。が、我慢して動く。
「贖罪」は3話まで、「Fujiko」も3話まで観たところ。どっちもヘヴィな内容で疲れる。近所のスーパーに買い物に行って子連れの家族を見かけるとドキドキしてしまう。
夜、レロレロのリハ。腰が痛くて気もそぞろ。
「めし」(51)で姪っ子役の島崎雪子が気になり調べたてみたら柛代辰巳のAD時代(のみ)の妻だと言う事がわかった。

2018年6月2日土曜日

部屋の衣替え。絨毯をはいでゴザを敷き、外に置いてる洗濯機のホースやコンセントにからまったナニかのツルをハサミでチョキチョキと。いかにも晴れた休日らしくて良い。
「ヤングアダルトニューヨーク」良い映画だと思った。地味。だけど良い。脚本を読んでみたい。
「私が作った番組 マイテレビジョン」阿久悠と淡谷のり子と森繁久彌。昔の人はみな早口だ。
夜は近所の居酒屋で。焼き鳥とポテサラのうまい店。「いなごや」さ最近休業中なのが気になる。

2018年6月1日金曜日

「カーネーション」の再放送みたり「Fujiko」を観たり尾野真千子ばかりみてる気がする。

2018年5月31日木曜日

「合葬」(2015)。原作はリアルタイムで読んでいたが内容はあまり覚えていない。ノンキとシリアスが混在していたような気がする。映画を観たらやっぱりそんな感じだった。

2018年5月30日水曜日

なんか知らんがサッカーの日本代表チームってボロボロに負ければいいのにと思うこのごろ。

2018年5月29日火曜日

夜、ゲルチュチュリハ。実音Cが出にくかった理由はリードの劣化が原因だった様。割と新しめのものに替えたらあっさりと音が出た。これはこれでモヤモヤする結果。リードを一枚使い切ったら1000円もらえるシステムを誰か作ってくれないだろうか。

2018年5月28日月曜日

チャンネルNEKOで大地康雄主演の「深川連続通り魔殺人事件」(83)を観ていた午後10時。チャンネルをニュースステーションに替えたら熊本で刃物男を警官が射殺ってニュースやってて一瞬脳みそがダブった感覚。
「栄光の5000キロ」如何せん、カーレースに全く興味が無いので割とつらい。そんでもって石原裕次郎のかっこ良さが40を超えてもまだよくわからない。それでも後半のサファリレースはただ走ってるだけだが面白かったような気がする。スラムダンクの30巻あたりを100としたときの70ぐらい。

2018年5月27日日曜日

AURORA@新宿ゴールデンエッグ
w / プリンセスカッツン / 未来☆ GS伝説 / 真野ニカロ / 膨張番長

久しぶりのオーロラ参加だったり久しぶりのゴールデンエッグったり。アングラのさらに地下という感じはたまらなく、ホーム感もあったりする。時間まで歌舞伎町を散策。やはり不思議な街だと思う。
オーロラのライブ参加はやっぱり修行。どうしても勝てない相手。ちょっとヒントをもらえたりする時はラッキー。
帰宅後こわれかけたサックスのケースをアロンアルファで修理。

2018年5月26日土曜日

「マカロニほうれん荘展」。整理券もらって3時間、ブロードウェイで時間つぶし。見られたのはほんの30分。全く時間が足りない。
「浮雲」(55)。登場人物誰にも感情移入できない。メンヘラ女子とクソ男の話。それがリアルタイムの普通だったのかもしれない。
「座頭市 笠間の血祭り」(73)。割とベタな座頭市。映画版座頭市の一応のラスト作品って事でハードル高くしすぎた。何はともあれ映画版の座頭市は脳内コンプリート終了。今後、やっぱりテレビ版も観るべきなんだろう。
「兵隊やくざ 火線」(72)。このシリーズは前作で一端終わってるはず。なんでこれが出来た過程はよくわからん。雰囲気が今までと違うのはカラーになっただけじゃない。ちょっとモヤモヤするけど見終わるとやっぱり兵隊やくざ。もっともストレートなBL。ラストの歌は声に出したい。

2018年5月25日金曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
【Powerful drug】
w / バイドク / NEATZ / THE BELGA / 丸橋ミケ(黒猫財閥/艶街)

昼間は会社の人に昼飯を思わずおごってもらったり夜はメンバーに車で送ってもらったりと周りの人に支えられてどうにか生かしてもらえているのを感じる。ライブの最中以外はずっと眠かった日。出ない音はごまかすに限る。

2018年5月24日木曜日

ゲルチュチュリハ。オクターブ押した実音Cが出ない。明日のライブどうしよう。どうしよう。

2018年5月23日水曜日

会社にいると送別会と歓迎会の繰り返しのゆな気がして来た。っで、今日は送別会。いつか来る自分の送別会をうっすらと想像してみる。

2018年5月22日火曜日

昨夜、たまにある不眠病にかかり朝までほとんど寝れない状態。自分なりに相当不機嫌な状態で朝「あさいち」観てたらまるで速報のように安倍総理が「会ってません」って割り込んで来たもんで朝から不愉快。本当に不愉快。

2018年5月21日月曜日

「パンク侍 切られて候」。普通だったらテンションあがる監督&原作&テーマソングなのにいまいち自分の中で盛り上がりにかける。キャストが知ってる役者ばかりで安心して観れてしまいそう…って事で今のところ保留。いつかは観ると思うが。
「座頭市 果たし状」(68)内容は普通の座頭市。野川由美子がかわいい。
「兵隊やくざ 殴り込み」(68)ラスト最高。そして野川由美子がかわいい。

2018年5月20日日曜日

「ボディダブル」(1984) なぜかずっと観ていなかった映画。ラズベリー賞受賞作品だそうだが面白かった。全体的に何となくずっとイヤな感じ、ミッドナイトクロスになりかけるラスト。
「アメリカンスナイパー」(2014) スピルバーグの「プライベートライアン」よりもイーストウッドのこれの方が反戦色が濃いような気がしていたがラストでわからなくなってしまった。他の人の批評を読みたい。
「傷だらけの栄光」(1956) 今これをやっても雑と言われるだけかもしれんが妙に感動。テクニックより脚本。

2018年5月19日土曜日

まず銀行に行き通帳記入。だいぶたまってたので今週ずっとこれをやりたかった。わずか数分で終わる用事で満足。そんなんなんで数年振りにベースの弦を交換する。あいかわらず下手だ。
夜、レロレロのリハ、久しぶりに新曲作り。
「プライベートライアン」(1998)なんかモヤモヤする内容。戦争シーンは凄まじい。けどやっぱりモヤモヤする。ひょっとしたらモヤモヤさせたい映画なのかもしれない。とてもアメリカ的のような気もするしそれを問題定義しているような気もする。戦争シーンはおそろしい。

2018年5月18日金曜日

暑い。何を着ればいいかわからない。そして職場は寒い。
夜、職場の人と飲み。麻布十番と土地にしては中央線のような居酒屋。
2、3年前にたまたま録画してそのままだった高校演劇の全国大会を鑑賞。面白いのだが何となく全体的にコントっぽく見えるのはテレビのせいのような気がする。
「宮本から君へ」。真淵拓真を誰がやるのか気になる。

2018年5月17日木曜日

GISIRIのライブがまだ頭から離れずipodで聞きながら出勤。音だけではライブは再現できない。「沖縄やくざ戦争」もまた千葉真一のかっこよさが頭から離れていない。
久しぶりの残業。理不尽に思いつつそんな事もあるだろうと特に感情はなかった。
90分ほど遅刻してゲルチュチュのリハへ。にしては得るものあり。
「メガロボクス」、何か違う。少なくとも「あしたのジョー」ではない気がする。

2018年5月16日水曜日

 産業革命時代のイギリス。十代半ばで炭坑で命をなくした少年たちの魂が機関車に宿る。そして魂になっても尚、役立つ仕事に生き甲斐を感じ水と石炭だけで死ぬ程働く。そして失敗したら「君のせいで遅れと混乱をまねいた」とののしられる。そんな労働者階級の悲劇…。そんな目線で「きかんしゃトーマス」を観ていた。
 そんな今日は「沖縄やくざ戦争」の渡瀬恒彦と「海燕ジョーの奇跡」の時任三郎のモデルが同一人物とわかってちょっとした衝撃。
 風呂場で髪を切ってたら切る音が気持ちよくなってきた。いっそのこと、このまま坊主にしようかとちょっとだけ思った。

2018年5月15日火曜日

たとえ間違っているとわかっていても上司の言う事だから全力で取り組む…とは何の事でしょうか?
1)日大アメフト部のラフプレー 2)総理のご意向を汲んだ人たち 3)原発を作った人 4)太平洋戦争に突入した過程 5)星野仙一のビーンボールを指示された宮下昌己

先週からずっとノドに痛み。熱は無いがたまに咳き込む。たぶん花粉アレルギーかもしれない。とはいえ今までと症状が違う。体質が変わったのかもしれない、しかし思えば去年からそうだったような気がしないでもない。

2018年5月14日月曜日

 神谷町という場所柄、ロシア人と思われる家族がゆで太郎でモリソバ、天ぷらソバ、カツ丼等を食べながら東京タワーの話をしていた。なぜ東京タワーの話とわかったかと言うと家族の会話が全て日本語だったから。おそらく日本国内で生活するにあたって訓練もかねて日本語を家族の公用語としているのだろう。その日本語力はとても高く目をつぶるとまるで鶯谷の信濃路にいるようだ。ただ会話の合間に入る返事だけは「ダー」。
帰宅時、ポストをのぞくと不動産屋から更新手続きの封筒。もう二年か…と思いつつ予定していたゲルチュチュの新曲の聞き込みをやめて書類作りに苦労する。

2018年5月13日日曜日

 結局何もしなかった日。二度寝三度寝で気がつくとちびまる子ちゃんをやっている。原因は腰の痛みだったり目が乾いて開けつづけていられなかったり。
「サンダ対ガイラ」を観た。「フランケンシュタイン対地底怪」から続く作品ってちっとも知らなかった。だってデザインが違いすぎる。当時はビデオなんてなかったからひょっとしたら記憶を改編して観た人がいたかもなんて思った。

2018年5月12日土曜日

「続・やくざ坊主」このシリーズ、このキャラ。二回で終わったのはもったいない。勝新のスケジュールがキツキツだったかもしれん。他に出来る役者は…なんて想像。
「鬼の棲む館」新珠三千代のブットビが見物だが冒頭の勝新の殺陣もかなりかっこいい。

2018年5月11日金曜日

GISIRIのライブを観に新宿ワイルドサイドへ。折角好きになったのに活動休止とは淋しい。
ラストライブはより一層のプロレス的なライブだった。必要以上の流血にちょっと引いたが感動的でもあった。好きなものはもっと真剣にやろう…、なんて思ってみた。

2018年5月10日木曜日

柳瀬秘書官の参考人招致。近い人のこういう姿を見ている総理ってどんな気分なんだろうか…と。政治家ってもっとも人間離れしちゃいけない仕事だと思うがその心境は人間離れしてる。
夜、「さらば、わが愛/覇王別姫」見終わる。いかにもなパルムドールって作品だった。別に悪口じゃなくて。しばらく引き摺る気がする。
中国にはあの時代を体験している人が大勢いるのか、と改めて思ったりする。

2018年5月9日水曜日

今日のゲルチュチュのリハはいつもよりちょっとばかし長めに。ようやく新曲の全体像がうっすら理解。それとは別にマウスピースをラバーに戻すか検討中。

2018年5月8日火曜日

寒い日。何を着ていいか考えるのも面倒。糸子に会わせる顔が無いがカーネーションは観ている。
「さらば、わが愛/覇王別姫」って映画を観ているところ。この頃の香港映画ってあんまり通っていないし京劇についてもほとんど知識ない。とても新鮮だったりする。

2018年5月7日月曜日

腰の具合が割と良くなって来たが右足のハリはまだまだでそれが乗り切れないテンションの一因のような気がする。
っで、連休も開けてまた日常が始まる。珍しくもうちょっと休みたい感じ。帰宅後、カーネーションが再放送が再スタートして今回も涙を流す。

2018年5月6日日曜日

「座頭市血煙街道」近衛十四郎という俳優の事はよく知らなかった。グっとくる。
夕方から鶯谷へひさびさに「心中椿」の公演。前回感じたポップさを今回はあまり感じなかったが時間をかけて思い直すとやっぱりポップだったかもしれない。ゲストはデリシャスイートス。心中椿とならべるのは実は相性良いような感じがする。カレーとラーメンみたいな。

2018年5月5日土曜日

腰は相変わらず痛いが膝は徐々に良くなっている気がする。今夜も銭湯に行き電気マッサージ風呂にゆっくりつかろう…と思っていた午後。
近所の中華屋でチャンポンと餃子を食べながら(今日はしょうぶ湯…混んでるかも…)と思いながらも思っただけ。
夜、「座頭市牢破り」と「キングスマン」を鑑賞して銭湯へ。23時も過ぎていたのでそんなに混んではいなかったが一カ所しかない電気マサージ風呂は一人の男性に30分以上もずっと独占されてたのであきらめた。その男性のとてもツラそうな表情は印象的だが俺は割とイライラしていた。「座頭市牢破り」の見所はやられる時の三国連太郎と西村晃のローソクプレイ。

2018年5月4日金曜日

前から気になっていた中野のあんかけチャーハンは美味かった。/何となくまんだらけに入ったらベタに<大>をしたくなりトイレへ。個室が満室だったのでしばし待ち、空いた途端に入室。むちゃくちゃ臭かったので意味もなく除菌シートで便座を拭いたのは生まれて初めて。/気に入っていた帽子を紛失してしまい同形の帽子をもとめて高円寺むげん堂へ。徒歩で。同形のモノはなかったがなんとなくそれっぽいのを900円で買う。/久々に福来門で食事。満腹をこなすために自宅まで徒歩帰宅。/帰宅後「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を鑑賞。傑作。

2018年5月3日木曜日

「フランケンシュタイン対地底怪獣」ちゃんとしたフランケンシュタイン魂を持った映画だった。小さい頃読んだケイセイの大百科の写真でみたインパクトしかなかったがやっときちんと観れた感動が割とデカい。
そんな映画を見終わってから府中「くらやみ祭り」へ。おばけやしきは恐ろしくて可愛くて呑気で最高だった。
帰宅後、TV版「愛のむきだし」を全十話一気に鑑賞。映画よりも主人公の友情(タカヒロ、ユウジ、先輩)が増してるような気がするが映画を観たのはロードショーの時なので印象でしかないのかもしれない。ラストの高揚感はそのまま。

2018年5月2日水曜日

福島原発には原発がない国から来た外国人技能実習生が働いている。ヤケクソなのかもしれない。
脱走していた受刑者が捕まった時何となく感じたガッカリ感。優良な受刑者しか入れない刑務所にいるという事は一般に混じってもかなり行儀良い人に違いない。脱走の理由が「刑務官からいじめ」ってのが本当だったらその刑務官が脱走させたのと同じでは?と。
偶然だが職場の人からマカロニほうれん荘展の情報を聞いた。なぜ今なのかわからんが絶対観に行くだろう。

「悪名幟」「悪名無敵」「座頭市鉄火旅」を鑑賞。「座頭市鉄火旅」では市の刀に寿命が来ている。って話だけど、座頭市は刀じゃなくても全っ然強いわけで。あと、「悪名無敵」でのセイジとアサキチ、ガッチリ握手は最高。

2018年5月1日火曜日

チッソの社長は水俣病の救済は終わったと言った。社長の頭の弱さを救済はとりあえず後回しにして救済しなきゃならん水俣病患者はまだ2000人くらいいる。そして連休とTOKIOの謝罪でたいしたニュースにならなかったりする。

Juicy Lero Lero@四谷 アウトブレイク
<フルスイングFESTIVAL>
w / テコの原理 / SETE STAR SEPT / 十四代目トイレの花子さん / サブステージ:シャンソン姉さん

フルスイングなFES。十四代目トイレの花子さんには残念ながら間に合わなかったがトイレの花子さんバンドとは関係ない事は何となくわかった。いろいろ乗り越えてレロレロはライブは出来たし、ずっと気になっていたテコの原理も観れたしSETE STAR SEPTはさわやかだった。あと、シャンソン姉さんはまたどこかで観れそうな気がした。

2018年4月30日月曜日

レロレロのリハ。今回さらにメンバー一名追加。まぁ。なんとかなる。
「座頭市鉄火旅」と「続・激突」を鑑賞。「続・激突」は全然<続>じゃなかった。主演のカップルはなんだかタランティーノの映画に出てきそうな感じ。そしてしっかりアメリカンニューシネマ。この前みた「ミーンストリート」と同じくやっぱり若い監督の作品って感じ。

2018年4月29日日曜日

トランプがノーベル平和賞って聞くと平和って言葉の意味が混乱する。

「ミーンストリート」鑑賞。今のスコセッシにない若い監督が作っているという印象。その理由はボンヤリと考えておこうと。アメリカンニューシネマについてもちょっと探ってみてもいいかも。

2018年4月28日土曜日

腰痛がわりとひどい。壊れる寸前なのか治ろうしてんかわからん。ただただ気持ち悪い。動けるか…と動いてみるがやっぱい痛い。予定は全てキャンセルして自宅でしょぼくれる。

2018年4月27日金曜日

宇佐美圭司の作品を東大生協が処分したって話、何だかある社会の縮図のようで妙に面白い。金を持ってても使い方に品が無い人みたいな。いや、それだけじゃないけど。

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
<opposition to pops>
w / リビドーと悪魔 / ミキノルム / strange world's end / ペルシアンズ

ヘブンズに到着したのは20時ころ。銃(もとろんモデルガン)と日本刀(もちろん模造刀)が用意してあり嫌な予感。

リビドーと悪魔は前に観た時よりテンションがあがった。

2018年4月26日木曜日

都家歌六の訃報。なんとなくだがずっと心に残っていた人。ノコギリ音楽にボンヤリとした憧れのきっかけ。いまだにノコギリは手にしていない。

2018年4月25日水曜日

内閣の支持率が低くなってんで今度はどんな救世主が出て来るかと思ってたらなんかちょうどいい感じの人…という印象。3ヶ月も前の事をほじくりだして傷つくのは加害者だけじゃないだろうに。
久しぶりの雨は鬱陶しいだけでちっとも気持ちよくない。
夜、風呂場で散髪。いつも自分で切っているので髪がうすくなってるのもすぐにわかる。

テレビを観てたら美味そうなたこ焼きを紹介していた。そして普通に近所のコンビニへ。都会は恐ろしい。

2018年4月24日火曜日

もしかしたらあの次官は本気でセクハラをしていないと思ってるのかもしれない。そんな気がしてきた。ほっといたら安倍昭恵や麻生の妻にも同じ事を言うかもしれない。
衣笠祥雄の訃報に軽い目眩。「鉄人ミュージック」は好きな番組だった。
夜、ゲルチュチュのリハ。ライブ映像を観た反省を込めて。

2018年4月23日月曜日

「帝一の国」を観てみた。わりとちゃんと面白かった。同時に(あんなにアングラだった古屋兎丸の漫画が映画になって地上波で…)という感慨のおまけつき。

2018年4月22日日曜日

アースデイ。KILLING FLOOR目当てで代々木に行ったがWUJA BIN BINも本当に良くって。っで、特に期待してなかったが佐藤タイジと阿波踊りのセッションに一瞬で気持ちを持って行かれたりと。
終わってから帰宅後、すぐに夜だが昼寝。

2018年4月21日土曜日

「核実験やーめた」つってもそこは(一人だけは)自由の国の事だからいくらでも疑うことはできるけど、んな事いったら首相と意見がかぶっちゃうんで困ったもんだ。
夜、レロリハ。毎回毎回違うメンバーだがそこそこ上手くいく事が多い最近。それはそうと、腰の痛みは予想どおり。

2018年4月20日金曜日

右足のハリが半端無くなってきた。台湾に行く前から気になってたけどいよいよ腰が壊れる前兆。終始ビビリながらの体の動きは90代に近い。
昼間、宮崎駿とキキのコスプレをした人を赤信号の横断報道の向いに見ていた。信号が青になりすれ違った2人を振り返ると全然別の方向に歩いて行った。コスプレに見えたのはたまたまだったようだ。

2018年4月19日木曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
w / 乖離。 / 唐松府蔵(gimeiz) / 大和岳志(from The Eastern Monkeys) / 水ゐ涼

ガッツリと客が少ない。水ゐ涼って人の弾き語りが面白かった。

2018年4月18日水曜日

ゲルチュチュの動画はなんやかんやで編集完了。編集できなかった原因は五年くらいのブランク。
夜、テレ朝がセクハラの会見。何か、本気な様子。明日への連続ドラマみたいだ。告発の行方てきな。

2018年4月17日火曜日

「名乗り出ろ」って何かスゲえ国だな…と。自分の恋人や娘とかがそんな目にあっても多分そうなんだろう。

2018年4月16日月曜日

財務次官のセクハラ音声、朝から品のない音を気分が悪い。何よりもオッパイへの敬意が無さ過ぎる。

2018年4月15日日曜日

ぼんやりとテレビを観てたらカーネションの再放送の告知。すかさず予約録画。
昼、レロレロのリハ。なんとなく良い感じになっている。
夜、久々にスニーカーを購入。久々に穴が開いていない靴だ。

2018年4月14日土曜日

阿佐ヶ谷へ虫丸さんのダンスを観に。ダンススペースがもう少し広いところだったら…とかカメラの音がちょこっと気になったりとか…そんな事を思ったが観れた事は良かった。夜、ゲルチュチュのライブ映像を編集しようと久しぶりにFinalCutを開いたがファイルが読み込めずにググりまくる。結局断念。

2018年4月13日金曜日

やっと週末だ…と、台湾から帰国して今日までが長い。偶然録画されてた「宮本から君へ」を鑑賞。とりあえずキャスティングは好み。

2018年4月12日木曜日

昼間、自分の派遣元と面談。もうすぐ三年目って事で面倒な事が多い。というか派遣ってちっとも俺的にサワやかじゃない。人間感が薄い。
夜、ゲルチュチュのリハ。久しぶりにラッパを吹く感覚。思った以上に思ったように音が出るので吹きながら(帰り道、事故らないようにしよう)と。
寝る前、この前録画していた「光る眼」を観た。星0.5。最初の方はちょっと面白かった事とスーパーマンとルークが共演しているところが良い。…っで寝るのは「メガロボクス」が終わってから。自分的には今日の第二話でグっときた。

2018年4月11日水曜日

朝ドラの「半分、青い。」。は前のやつよりスタートダッシュがいい感じ。とうかいい意味で朝ドラ的じゃない。
仕事の後ツイッターを観ながら「ライブのないレコ発ツアー」へ。<かもめのジョナサン>と<ハンズクラップギャング>のCDを入手。

2018年4月10日火曜日

国会がエラいことになっている。アベシンゾー、タケシ、貴乃花…と。まるで松村邦洋によって世の中が動いているように見える。

2018年4月9日月曜日

帰国。会社への土産は何とか入手。結局前と同じ太陽餅。高速バスで降りた東京駅の目の前の博多うどんは美味しかった。明日から仕事だがちゃんと体が動ける自身がない。

2018年4月8日日曜日

<続き>今の会場は正直、あまり馴染みが無い。90年代のうしろから2000年代のアタマの最も馴染みある会場はそこから車で10分(?)ほど。その会場の前まで足を伸ばしてみた。何だか結構込み上げるものがあったのが自分でも驚くほど。
夜中、タクシーの向かえが来るまで友人らとダラダラ。スプリングスクリームの中身はそんなにかわっていない。

2018年4月7日土曜日

<続き>トランジットのトラブルでメンバーが一人出番に間に合わないのが判明したのがライブの五時間くらい前。主催者に夜中のアンコールライブがフルメンバーでできないか頼んだら快諾してくれたので二回ライブをすることになった。こういうレベルの事が毎回あるのがスプリングスクリームらしい。<続く>

2018年4月6日金曜日

LCCの席の狭さは少し命の危機を感じるレベル。バービーボーイズと吉本隆明の講演をipodで聞きながら昼過ぎに高雄に到着。そこからタクシーで2300元でスプリングスクリーム。(前に同じルートで来たときは1000元だったような気がする)。
7、8年ぶりのスプリングスクリーム。<日本人が増えたなぁ>とか<天気がよけりゃ>とか。
日本人のミュージシャンから「ニーハオ」と声をかけられフライヤーをもらう。「自分も日本人なんですよ!」なんて愛嬌が言えないくらい腰が痛いので部屋でストレッチをしにもどる。ちょうど天気も悪かったりする。<続く>

2018年4月5日木曜日

明日から台湾…って事で久しぶりな事にでちょっとばかし体がちょっと緊張している感じ。今回は仕事場にもちょっとはましな土産を買わなければ…といまのところ思っているわけだが別に土産を買う事が目的ではないのであって云々…。

2018年4月4日水曜日

台湾前の仕事、とりあえず山は一段落。トラブルがないことを祈る。

2018年4月3日火曜日

猛烈に眠い。一種の逃避本能に近いような眠気。多分近いうちに乗る飛行機恐いのかもしれん。

2018年4月2日月曜日

光進丸が燃えた。何故か妙に加山雄三が気がかり。宍戸錠の家が燃えた時より。

2018年4月1日日曜日

台湾まえの最後のレロリハ。あとはどうなるかは知らん。

2018年3月31日土曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
「Powerful drug」
w / クロメ / TRANS FIX / Ghetto / デッドバンビーズ

という日だった。

2018年3月30日金曜日

麻生さんがあんなに必死にボケているのにどうしてその場にいる記者は誰もツッコんであげないんだろうか。あれではボケを完全に殺してしまっている。イライラする。(カミナリのツッコみが理想的)

2018年3月29日木曜日

仕事の後、はるばる埼玉は宮原まで。駅を降りると妙に茅ヶ崎のような風景だった。

ゲルチュチュ@大宮 ヒソミネ
「こわいこわいわーるど」
w / gloptin / 天獄からきた加藤 / 君変実験 / 111 / 絶望グロテスク

タバコを吸えない事以外は良い箱でgloptinとのセッション付き。
終電が速いためライブ後すぐに帰宅。

2018年3月28日水曜日

先週「セッション」を見終えやっと菊地vs町山のセッション論争を読む事ができた。結果としてこっちの方が面白かったのでやっぱり観てよかった。

2018年3月27日火曜日

自民党は「書いて消せるマグネシート」まで金かけてボケているのに何故誰もその場でツッコまないのだ。ボケを殺されて可哀想すぎる。
っで、今日の国会。ニュースで観る限り少なくとも佐川氏の死んだような目だけは面白かった。

2018年3月26日月曜日

すごくいやらしい夢をみた。いやらしすぎて人に言えない…そんな落語があったような。
久しぶりに国会が気になる。気にしたくないのに。明日の証人喚問、演技でないリアルに追いつめられた顔を見る機会なんてあまりない。じっくり観たいが仕事で無理。
夜「葛城事件」という映画を観た。人並みに陰鬱な気分。

2018年3月25日日曜日

腰が痛い。なぜかいつも日曜日という事に原が立つ。
「アイアムアヒーロー」;やっと鑑賞した話題作。期待値が高くなってた分、普通に感じてしまった。

「悪名太鼓」;悪名では勝新より田宮二郎のほうが魅力的に思う。

2018年3月24日土曜日

朝、起き抜けに夢の中で作った曲をうたってみた。割と良い曲だと思い(イエスタデーを作ったマッカートニー)のような気分に2時間ほど浸る。クレージーキャッツの替え歌だったと気付くまで。

2018年3月23日金曜日

「セッション」;をやっと観た。予告編のイメージのまんま教授がいろんな物を投げるもんだと思っていたのにちっとも投げなくてつまらない。ただ早く叩いているだけで全然セッションしてない。見方を間違えたかもしれない。そんな感じ。

2018年3月22日木曜日

(シチューオンライス)ってやつを初めて喰ってみた。リゾットだった。

2018年3月21日水曜日

雪が降っている。うそみたいだ。
昼からレロリハ。何となく進んでいる感じはするが台湾までの練習はあと一回しかない。

「東京夜曲」;高田渡の長いPVの様。悪い意味でなく。

2018年3月20日火曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
「opposition to pops」
w / NA/DA / Tecimerico / 真夜中ブランケット / THREE RING CIRCUS

直前に思うことがありブっとんだラッパを吹こうと思ったが…いや、吹きたかったが技術がついていかなかった。もうちょっと上手くなりたいと思ったりする。

2018年3月19日月曜日

今日仕事したら明日は休みだと夕方くらいまで思っていた。
札幌の理容店、店内BGMを無断で店内に流してJASRAC勝訴。
なんか空しい。

2018年3月18日日曜日

PAPAPAのラストライブ at ヘブンドア。久々に身の危険を感じるカオス感があった。バンドにはいろんな最後があるがこんなに愛されている事を知ったら失踪したボーカルも帰って来るだろうか。流れを全て受け止めたトリのゴルゴブッチのライブは凄まじくかっこ良かった。

2018年3月17日土曜日

今日のハレンチ学園。精神病院を抜け出した校長っていう設定自体「ヤバッ!」と思うが視聴者がそんな事思わなくていい。内容はとても面白かった。
「淵に立つ」をまた観た。そして今日も解釈地獄に落ちた。
夜、航空券を予約。少しトラブったため夜中にも関わらずエクスペディアに電話。24時間対応とは大変だ。

古賀新一の訃報。最近職場で80年代のホラー漫画の話をしたばかりだった。

2018年3月16日金曜日

Juicy Lero Lero@四谷 アウトブレイク
「今夜、四谷の地下室で。」
w / 雲雀 / OOBERFUSE(UK) / 幻想屋
久しぶりの四谷アウトブレイク。平日なんで仕事の後の時間に余裕はない。ラッパならコインロッカーにギリ入るがベースだとそうはいかなかったりする。

本日のレロレロはドラマーとトランペッターのデヴュー。途中でバてたおかげで飛ばさずほどよいテンポになるマジック。

2018年3月15日木曜日

「兵隊やくざ 俺にまかせろ」;いつもの兵隊やくざと思っていたが途中からハードコアな戦争シーン。そういえば戦争中だったと思い出した。

2018年3月14日水曜日

ホーキング博士、享年76歳。寿命は人間離れしないものだ。
辺野古移設のリーダーが有罪になった理由は<実力行使>なのだが<誰がもっとも力を行使しているのか>ってとこに触れていない。
国会のグチャグチャ加減が半端なくってコメディ映画だったらよかったのに。それでも支持してる人は奴隷志願なんだろうけど足を引っ張られるのは本当に嫌だ。

夜、中野の小さな居酒屋で飲む。店長と意気投合でかなり飲む。

2018年3月13日火曜日

会社の飲み会。自分と同時期に入った人の送別も兼ねている。俺はどうすればよいだろうか。

2018年3月12日月曜日

ゲルチュチュのリハ。未発表のままになっている新曲が数曲。覚えて忘れて覚えて忘れて…。

2018年3月11日日曜日

そういえば今日で7年だ。当時と全く違う状況だ。忘れていた。

レロレロリハ。16日のアウトブレイクバージョンと4月の台湾バージョン。二つのセットが割とたいへんだったりする。こなすことに精一杯でいまいち余裕がない。
「ディパーテッド」:いわれなきゃスコセッシってわからん。それはさておき面白い。ラストの畳み掛けが何となくアジアっぽい。
「ロストイントランスレーション」:嫌いでもなく特に誰にも感情移入できない。思ったよりコント。ビルマーレイの困った顔はそれだけで面白い。しゃぶしゃぶの下りは割と好き。昔観た記憶がほとんど無い事に自分でも驚くくらい。

「座頭市の歌がきこえる」;人を殺すってことを考える座頭市。目の前の敵よりも自分と戦っていた感じ。

2018年3月10日土曜日

 山猫団「岡の上サーカス」を観に鶴川まで。意外と近い。
間近で子供のお芝居を観る機会なんて普通は小学生の子を持つ親が学芸会を観る時ぐらいかもしれない。それだけでも貴重な時間だった。いろいろヒントが浮かぶ。
 夜、今まで知らなかったハレンチ学園の原作のラストを初めて知った。ネットの情報だけで実際読んだわけでもないのに割とショックを受けた。今、チャンネルNEKOで放送しているドラマ版を今後観るのがこわくなりそう。

2018年3月9日金曜日

 財務局の職員は自殺するは国税庁長官は辞任するはなんだがアフリカの発展途上国みたいなアナーキーさ。
 北朝鮮に関してはすっかりこの国は邪魔者あつかいに見えて面白い。個人単位でみると金氏がもっとも自由に見える。

2018年3月8日木曜日

 デビッドサンボーンをちゃんと聞いてみようとトライ。数曲で篠田昌已にチャンネルを変える

2018年3月7日水曜日

うんざりする寒さ。
 夜、ゲルリハ。リードの調子が無茶苦茶良いので帰りはいつもより気をつけて帰宅してみた。

2018年3月6日火曜日

R-1を観てて俺的に一番好きなネタはルシファー吉岡だった。が、ビリだった。

2018年3月5日月曜日

朝、フジテレビで森友・加計の公文書偽造問題をやっていた。ちょっと意外な感じがした。
四月頭の有給をおそるおそるボスに申請。ようやくモヤっとしたものがはがれた感じ。心置きなく台湾にライブに行けそうである。

2018年3月4日日曜日

今日も午前からレロレロのリハ。リハよりも休みが取れるかが今のところ悩みなところ。練習後、バスから一緒に降りた小さなおばあちゃんが「風が強くて恐いから」と、体の支えになって近所の知らない道を一緒に散歩をした。<カッカッ>という杖の音はとても元気だった。
夕方からシルバーエレファントにライブを観に。デリシャに天国畑JAPONにナショヲナルに…と。
夜中、万田邦敏監督の「SYNCHRONIZER」を鑑賞。くろ~ねんバ~グ~。

2018年3月3日土曜日

ピーターハミルを聞いてドンヨリして「淵に立つ」を観てさらにドンヨリして「プラネットテラー」で復活して「ゴッドタン」でご機嫌に寝た。

2018年3月2日金曜日

レスリングのパワハラ問題でどうしても「フォックス・キャッチャー」が頭に浮かぶ。レスリングが暗いスポーツというイメージ固まる。

2018年3月1日木曜日

職場のPCの調子が悪く、起動してもすぐに落ちてしまう。フリーで個人所有のPCだったら死にたくなるかもしれんが会社のやつなので何とも思わない。
夜、「なむはむだはむ」を鑑賞。岩井秀人のオープニングからの入りからかっこよくて泣いてしまった。

2018年2月28日水曜日

とにかく早く帰りたい気分なのはまだ昨日が続いているせいかもしれん。帰って何をするというわけでもなく早く寝たいような寝たくないようなという感じ。

2018年2月27日火曜日

仕事が終わる直前に兄から電話。「お先に失礼します」と会社を出てからすぐにかけなおす。そんな時間に身内からかかってくる電話には嫌な予感しかしない。

夜、姉を亡くして気落ちしているだろう母に電話。かける言葉が見つからないがこっちが励まされた気分。

2018年2月26日月曜日

「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」を聞きながら出勤。聞かなきゃよかったと思うぐらいやる気がおきない。が、働く。「Hey you what's your name? おれはやだ~」

夜、「恋はデジャブ」を鑑賞。ほんと良い映画。

2018年2月25日日曜日

午前中からレロレロリハ。ちょこっとばかし形が見えて来ている。肩の痛みがとれて指のマメがなくなればもっと良い。

2018年2月24日土曜日

夕方5時起床。久々の朝帰りの代償は割とぬるい。「幕末太陽伝」を観て近所の居酒屋で食事。終われば良い休日。肩の痛みがとれればもっと良い。

2018年2月23日金曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋 ヘブンズドア
ゲルチュチュ×HEAVENs
【斬光夜Ⅱ】
w / エレクトリックマングースUFOファクトリー / ぬ界村 / 丸橋ミケ(黒猫財閥/艶街) / 曇ヶ原

トップの曇ヶ原には間に合わなかった。それを除けばかなり良い夜。とりあえず次回はヌカイダーに勝ちたい。

2018年2月22日木曜日

撮りたまった「探偵ナイトスクープ」を鑑賞処理中。(五年前に亡くなった母親が最後に作った料理を食べたい)というエピソードを観ながら「こういうのはすぐに食べるタイミングが無くなるからすぐに食べなきゃ」と思うと同時に20年前に他界した父が遺したタバコがまだあった事を思い出す。

2018年2月21日水曜日

ゲルチュチュのリハの直前にスマホにニュース速報。(大杉蓮がパシュートで金?)。プチ混乱でリハに向かう。昨日今日とサックスの音の出が良い。死ぬのだろうか。

2018年2月20日火曜日

久しぶりに新高円寺に来たもんだからバーガーキングを食べてみた。何気に人生で初めてのような気がする。
っで、2年振り(らしい)にぬ界村のリハに参加。照れくささと緊張を勝手に感じながら。
そして金曜には2年振りにヌカイダーと死合い。(コンデコマ)

2018年2月19日月曜日

「君よ憤怒の河を渉れ」;オープニングに流れる曲。よく聞くとボーカルの音程が外れているような。誰が唄ってるんだろうか。/なんだ!この途中下車みたいなBGMは!/熊が!/また熊が!/人ごみ中を警察が銃を撃ちながら犯人を!つながり目玉みたい!/馬が!/精神病の振りをしている健さんがカワイイ!/と、噂どおりの作品だった。リメイク版の「マンハント」は多少空気感が似ているがやはりウスい気がする。

「FAKE」;今さらながらやっと鑑賞。佐村河内氏がどことなく幸せ見えるのは奥さんのせいかもしれない。なんとなく「無能の人」を思い出した。

2018年2月18日日曜日

なぜか「蜷川版ハムレット」をYOUTUBEで鑑賞。こういうのは全く見慣れてないので(何でみんな同じしゃべりなんだ)とか(説明台詞だったらわかりやくしゃべればいいのに)とか(西岡徳馬って…)とか。

なぜか「化石の荒野」。特に興味はなかったが何となく鑑賞。突っ込みどころは置いといて雪山の銃撃戦がわりとスゴい。あと、浅野温子がかわいい。

今日気付いた事/小平奈緒と沢田雅美がちょっとだけ似ている。

2018年2月17日土曜日

腰の調子が悪い。右足がダルくなる予兆はいつも通りだった。
久しぶりに「未来世紀ブラジル」のDVDを引っ張り出して鑑賞。わかっていてもちょい鬱な夕方。その後CSで<GIジョー>やってたのをちら見したらすっかり老けたジョナサン・プライスの姿。
今日気付いた事/キム・グライストと八千草薫がちょっとだけ似ている。

2018年2月16日金曜日

女子のスピードスケートのユニホームはエロく見えるのは決し変態ではないと思う。

2018年2月15日木曜日

アメリカでまた銃乱射。こんなんで殺される人はいつも銃をもたない人。銃を持ってるもん同士で殺し合うってリアルではあんまし聞かないっす。

2018年2月14日水曜日

あさいちで中野区役所へ。パスポートのための戸籍を取りに行ったら「中野じゃねーよ!」と言われ「じゃあ、熊本ですか?」「いや…」みたいなやりとり。「直接行った方がいいですよ」のヒントで北沢タウンホールに舵をとる。新宿のパスポートセンターの手続きが終わって仕事場に着いたのはそれでも12時だった。
夜、パートナーさん二週間振りの再会。

2018年2月13日火曜日

夜、ゲルチュチュのリハはスタジオを予約するのを忘れてたためちょっとミーティングして帰宅。
帰宅後「ブリークリスマス」を鑑賞。「ブルークリスマス」って小さい頃よくテレビで宣伝してた映画で「私の血は青かった」みたいなセリフをよく覚えている。ツッコミどころは満載。そしてこんなに政治色が強い映画だとは思ってもいなかった。竹下景子がスーパー美人で意味なくてもアップにしたくなるのはわかる。

2018年2月12日月曜日

壁の掃除。シマチュウで見つけた<壁紙用のクリーナー>ってのを使ってみた。多分きれいになってるような気がする。昼、久しぶりになか卯のカレーうどん。中に入っているわからない肉はうまい。
昨日パスッポートの期限が切れているのに気付き早速写真撮影。休日にできる事はこれぐれい。
・「兵隊やくざ 大脱走」芦屋ブラザーズの登場シーンはテンションがあがる。サブタイの(大脱走)って「毎回だろ!」というツッコミはしない。

2018年2月11日日曜日

風呂掃除と散髪の午後。明日は壁の掃除をする予定。
夜、レロレロリハ。問題諸々…。
・「地獄でなぜ悪い」。20年くらい前に聞いた元ネタがこうやって映画になってるというだけでテンションがあがるし感動もする。
・「悪名一番」ボクシングジムのシーンに斉藤清作の試合のポスターを発見。
・「兵隊やくざ 脱獄」大宮と朝吉は似て非なるもの。どちらかとい言えば大宮の方が今のところ好き。兵隊やくざはパンクムービーの要素もある気がする、

2018年2月10日土曜日

昨日から<たま>を聞き続けている。今日が知久寿焼の誕生日ってのは偶然。
夜、台湾のから友人が子供連れで来日。去年の今頃も会ったけど人の子供は本当に成長が速いのは感動的。

・ジョンカーペンターの「スターマン」。ほぼET。

2018年2月9日金曜日

仕事の帰りに同僚と六本木で小龍包を。うまい、小さい、っで帰ってから弁当を入れる。

2018年2月8日木曜日

・「座頭市 二段斬り」。オープニングの握り飯とか女郎小屋のシーンとかたまらん。
・「悪名波止場」。朝吉はいつだって弱い者の見方だ。それだけで爽やか。

2018年2月7日水曜日

ゲルチュチュリハ。ギタリストは負傷のため欠席。音がいつもより少ないせいで自分の荒さが際立つ。

2018年2月6日火曜日

昨日修理した靴は5分ともたず破壊。ボロボロのまま一日を過ごす事になるのは新中野の駅に着くまではわからなかった。

2018年2月5日月曜日

100円ショップで合革の端切れを買って靴の修理。成功かどうかは履いてみないとわからない。

・「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」。昨日寝る前に観るものはこっちだった。

2018年2月4日日曜日

夜からレロレロリハ。それまでの間に壊れたラジカセの修理を試みた直後に断念したり外の草むしりをしてすぐに断念したり。

・「座頭市関所破り」。ベタな座頭市。
・「水の声をきく」。見終わった後の山本政志感が半端ない。観れた事は良かったが寝る前はよした方がよかった。気持ちの整理がつかなくて寝る事が困難。

2018年2月3日土曜日

いつもの通り目覚ましを鳴らしてしまい早起きしてしまう。
マクドナルドの新商品(何かでかい奴)が気になったので近所に買いに行ったが実物観たら食欲が失せた。

・ゴダールの「軽蔑」を観る。(女はわからん!)という男映画という印象。こんな見方でいいの?
・続けざまに「ハレンチ学園#9.#10」いつも出て来る女生徒役の丸顔の女の子がカワイイのだが名前もその後もわからない。
・「バニシングin60」。最初の30分ぐらいよくわからなくて辛い思い。いろいろ妙なとこらが気になる映画。
・「二十四時間の情事」。昔は全く違う内容を想像してた映画。この邦題も原題の「ヒロシマモナムール」も何となくどちらも違うような気がするがそれはそれでよい。
・「超高層プロフェッショナル」。タイトルだけで中身もわからず録画したしていた映画。期待しなくて観てみたら思いのほか盛り上がってしまった。トラック野郎的労基くそくらえ映画。
・「ポセイドンアドベンチャー」。小さい頃の記憶に残ってるのはジーンハックマンのピチピチタートルネックと太ったおばさん(母に似ている)が泳いで死ぬシーンで(でしゃばると酷い目にあう)と思った事。今回あらたに加わった印象は(どことなくリスト経的な感じがウザい)という事。(こんな見方、合ってんの?)
・「可愛い悪魔」。昔の大林宣彦作品。間違いなく以前観た事あるのだがいつどこで観たか全く思い出せなくてモヤモヤしっぱなし。火曜サスペンスの再放送かなんかだと思うが。

2018年2月2日金曜日

雪はそんなにつもらず拍子抜け。何を喰おうかと考えながらラーメンとメシ。しばらくの一人暮らしの計画を建てたり壊したり。

2018年2月1日木曜日

パートナーさんは早朝タイへ出発。2週間ばかし一人での生活になるのでなにをしようかとか考える。とりあえず晩飯はインスタントラーメンを喰った。

2018年1月31日水曜日

国会で原稿を棒読みしてるアベ総理の姿を見て「もしかしてこの人は政治家辞めたいので…」とちょっとだけ思った。

2018年1月30日火曜日

完全に体調は回復した。体もどこも痛くない。よかったよかった。

今年のインフルエンザは症状の軽いものもあるらしい。それはもはやただの<症状の軽い病気>でしかないのでは?インフルと診断を受けた事がない俺はわからんが。

2018年1月29日月曜日

朝、病院行くか考えること15分くらい。結局仕事に行く。夕方くらいから体調回復。病院行かなくてよかった。

夜、「地下室のメロディー」を鑑賞。

2018年1月28日日曜日

相変わらず体調が悪い。悪いがレロレロのリハへ。体調悪くてもベースは弾けた。

練習後、予定を変更。帰って寝る事にする…が昨日観た「グッドフェローズ」を見直したりする。ショーンペンとショーペシを20年くらい勘違いしていた。

2018年1月27日土曜日

共産党の志井委員長って多分かなり頭がキれる人だと思う。そんな人に向かってヤジを飛ばす政治家はどんな弾が跳ね返ってくるか想像する能力がないといかんと思う…。っで何を言いたいかというとそんな贈増力が無かった無能な政治家のポスターが家の近所にシコタマ貼ってあり仕事の行き帰りに目に入るがとても鬱陶しいという事だ。

仮装通貨って結局何だ?と「小学生でもわかる仮装通過」というサイトを読んで勉強してたところで500億円流出ってニュース。結局のところ、仮装通貨を考えた人って今の資本主義を壊したいテロリストなのか それとも今を更に加速させたいのかって…そんな妄想を近所の韓国料理屋でしていた。俺が「水をください」と言うと店員は「麦茶ですけどいいですか?」と答えたのが妙におかしかった理由は省略。


夜中、零時を過ぎた直後、パートナーさんよりアップルパイとシャツのプレゼント。28日だという事を忘れていた。

2018年1月26日金曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
w / カナシバリ / GISIRI / うしろ前さかさ族 / ぬ界村

ヘブンズドア、一ヶ月振りだが久しぶりの様でもある。GISIRIは音だけでもかなりカッコイイバンドだと前回気付かなかった事を反省した。

2018年1月25日木曜日

急に体調が悪い。夕べの冷え込みのせいかもしれない。パートナーさんに風邪をうつすのも悪いので横になるしかない。CSでやってた白い巨塔(古い映画版)をボンヤリ観ててラストの田宮二郎が苦しむとこを期待してたらオチが違って気が抜けてしまった。これはこれでいい。

2018年1月24日水曜日

高校の時だか忘れたが深夜のテレビでリーマンズというグループを観た事がある。確か「FM-TV」だった。スーツ姿で踊りまくる集団に後のECDがいた事を知るのはそれからだいぶ先だ。ECDを生で観たのは反原発デモで数度くらいしかないのに何故か妙に悲しい。

2018年1月23日火曜日

二階のおばあちゃんは電気がついていたので無事だったようだ。

最近やたらとタバコ屋でナントカって電子タバコを勧められる。「今までネット販売だけだったんですけどお店でも云々…」てな具合に。店にとってなんかメリットがあるのか知らんが電子タバコって生理的に今のところムリ。

2018年1月22日月曜日

雪のために会社から早退許可。いつもより早めに帰宅したけどとくにいつもと変わらない。ただ帰りの電車がアホみたいに混んでいた。うちのアパートの上に住んでいるおばあちゃんのために階段の雪を払っておいたが役に立つだろうか。凍ってすべる階段にお湯をまいて溶かすのは逆に凍って危険だろうか…云々。
夜、CSで「パンツの穴」。リアルタイムでは特に興味がなかった菊池桃子なのに今みるとスゴくかわいい。俺がオッサンになったという事だろうか。あと、俺の中で好きな武田鉄矢はこれだけ。

その後「さよなら渓谷」も観る。俊介がかなこを追っかけるシーンで「赤目四十八瀧心中未遂」を思い出したのは同じ役者のせいってだけじゃない気がする。

2018年1月21日日曜日

渋谷でオーロラ。久しぶりにメンバーが揃う。いくつかの場所で同時に行うフェスって客は知ってるとこしか行かない人ばかりなんで逆に身内ノリ感が増すような感じ。(好きなのを見て!)よりも(これを見ろ!)というイベントの方が好き。
その後レロレロのリハ。まだも少し。となりでカレー喰って帰宅。

「後妻業の女」を観る。面白い。

2018年1月20日土曜日

紀伊国屋で新井秀樹の「セカイ、WORLD、世界」と「KISS 狂人、空を飛ぶ」を買う。久しぶりのコミックコーナーは客の空気感が独特。
新宿の中華屋で担々麺。店員はカタコトの若いタイ人女性。言葉がほとんど通じない外国で働く、ってそれだけで尊敬に値する。なんて今さらながら思う。
「すべらない話」。チャンス大城さんをこの場で観れる奇跡。

「ジヌよさらば」。言わない方がいいようなセリフが気になる。まるでゴールデンタイムのテレビドラマのよう。

2018年1月19日金曜日

小室哲哉引退ってニュース。(本当は辞めたかったんじゃないかな…)と思わない事も無い。そして文春が言う(本意ではなかった)っていうのはレイシストが(差別のつもりなかった)とほぼ同じ。(シコタマ金儲けてるうえに病気の嫁さん裏切って浮気してるから叩いていいのだ!)って言う方が文春としては筋が通っている。そんな中(中村達也、無礼なファンに蹴り入れて書類送検)という爽やかなニュースもあったりする。


数日かかったけど「アラビアのロレンス」を初めて観た。なんかスゴイ映画っす。

2018年1月18日木曜日

「廃市」を観る。80年代の大林宣彦の作品。長年、転校生より前の作品だと思ってたけど調べたらそれは勘違いで。なんだか転校生で無茶苦茶やらせた小林聡美への監督からのプレゼントのような印象だった。そして、ほとんどセリフのない尾美としのりは監督の分身のようであったりもする。大林宣彦ってまるで本人が原作も書いてるような雰囲気の作品が多いような気がする。

2018年1月17日水曜日

数日かけて「ヘブンズストーリー」を見終わる。良い映画だと思った。そしてきつい映画だった。難聴の女性役の人が泣きながら食事をさせてるシーンが妙に印象的だった。

2018年1月16日火曜日

昼間、ガードレールを乗り越えようとしてつまづいいてる人を見た。それは別に珍しくないが顔をみたら某トレンディー俳優だったのが妙におかしかった。靴下をはいていたかは確認できなかった。

夜、ゲルリハ。調子いいのか悪いのか。ブーツィーコリンズを聞いて寝る。ベースの音は<ビヨーブ ビヨーブ ボヨーブ>って感じ。

2018年1月15日月曜日

今の会社も派遣されて(もう!)三年目。今後どんすんだ、みたいな面倒な会議。派遣法ってちっともサワヤカにならない。派遣会社の人が(半笑いで)言っていた(最悪、社員になる…)ってのが正直でちょっと面白かった。

2018年1月14日日曜日

レロレロリハ。ライブまではまだちょこっとばかし時間がかかりそう。あと、割と指が慣れてきた感じがするが体調はいまいちだ

2018年1月13日土曜日

ムーミンの出身地は?という問いに対して間違ってても<フィンランド>と答える人間を世の中は求めているのかも、なんて考えてたらなんか空しい。

「僕たちがやりました」の一挙放送を最後まで観てしまった。永野芽郁って若いときの鈴木京香に似ているような気がする。

「野火」を観た。塚本晋也のやつ。観たのが昼間で良かった。恐怖しかない。気分を変えるために「ハレンチ学園」。これはこれで恐怖である。夜中に「パディントン」。予想を超える傑作だった。割とドストレートな移民問題への回答。

2018年1月12日金曜日

ドキュメント72時間は新宿酉の市。見世物小屋の中身が一瞬でも地上波に出るのは貴重な出来事ではなかろうか。

テレビ東京の「MASKMEN」。できれば正体はオール巨人であってほしかった。

2018年1月11日木曜日

(成人式に出る事じたい子供じみてる事なんじゃね?)と思って出席しなかった自分には一日のために何十万も払って着物着る人の価値観は共有できない。けど想像くらいはしても構わん。

2018年1月10日水曜日

今年初のゲルチュチュリハ。リードを3から2.5に戻してみた。欲しかったのはゴム感。

2018年1月9日火曜日

調子にのって二日連続で背油ラーメンを喰った事が原因に間違いない。昨夜は夜中に吐き気が止まらずほとんど眠れていない。昼間は菓子パンx2で止める。

2018年1月8日月曜日

笑ってはいけない~のブラックフェイス問題ってどうなれば解決できるか難しいよなーと。ここはひとつエディマーフィーが顔を黄色く塗って浜ちゃんの物真似して笑いとったら…ってのはどうだろうかと。
成人式が盛り上がってるのとインスタ映えってのが流行ってるってのは似たようなもんではなかろうかと。

昼間、勝新の舞台「夫婦善哉 東男京女」。夫婦がいちゃついてる光景に強い高揚感。CSを観ていたついでに「舞子はレディ」。良かった。意外に。

2018年1月7日日曜日

高校男子サッカーのポスターには女性アイドルが使われているのに高校女子サッカーのポスターに男性アイドルが使われていない理由を考えてみた。1)男が楽しめないから、2)なんか生々しいから、3)etc…
沖縄に軍用ヘリがよく落ちる理由を考えてみた。1)運転が上手な隊員がいない、2)そもそも運転が難しい、3)ハードワークによる過労、4)特攻魂、5)戦場で死にたくない、6)操縦が面白くない、7)眠い、8)だるい、9)膝が痛い、10)運転したことがない、etc…

scum2.1@artist-run-space-merdre
こたつライブ
w / 魅惑のあなる / ワッキーさんとあなるちゃん / 関口マーフィ / analsticks / 平澤晴花 / SHORTBO)))B / 山口やまぐと地獄少年 / カノン・アルベリック / あさふじきょうへい / スギムラリョウイチ / Biology of the Future / ゲシュレクトオルガン / Stéphane Shibatsuji-Perrin / 平田順一

久しぶりの府中でこたつライブに初参加。割と良い。そして楽しめた。スギムラさんとは去年の大晦日以来。ちょこっとセッション。帰りに喰った背油ラーメンは美味しかった。

2018年1月6日土曜日

星野仙一といえば鉄拳制裁。なぜか星野仙一だけが許される鉄拳制裁。
CSで放送された「ハレンチ学園」(1973)の第一話/第二話を見る。狂ってる。
スタジオでドラムを叩く。ラッパもちょこっと吹く。ドラムちっとも上手くなっていなかった。エアでは上達しない。

「任侠外伝 玄界灘」李麗仙がかわいい。

2018年1月5日金曜日

明日からまた三連休。それだけが救い。いまいちのやる気の時に会社中に緊急地震警報がなりちょっとだけテンションがあがってよかった。
夜、「ミラクルニール」と「アキラ」を観る。「ミラクルニール」は思った以上にテリージョーンズ。「アキラ」は単行本より先に映画を作った事にムカついてリアルタイムでは観ていなかった事を思い出した。アキラ以降、単行本に間が空きすぎる漫画が大嫌いだ。

関係ないが今年の正月、ナポレオンズを観ていない。それが足りない。

2018年1月4日木曜日

核のボタンはデカい方が押し間違えなくていいってことだから金もデカいのにかえた方がいいというアドバイス。
深水三章といえばナオコのお父さん役というのも忘れてはいけない。

っで、仕事の始まりはダークな話題から。

2018年1月3日水曜日

高橋伴明のDOORなんて正月感のない映画を観たり録画していたマジ歌選手権観たりいつもだったらナイトスクープ録画しているはずが「埼玉政財界チャリティーコンサート」なんて撮れてて観ちゃったり。っていうか「埼玉政財界チャリティーコンサート」って去年も観たような気がする。明日から仕事なんで鬱にならないように…。

2018年1月2日火曜日

午前中に友人宅に集合。夜中の3時頃タクシーで帰宅。15時間ばかし飲んだり喰ったり寝たり。

2018年1月1日月曜日

年が明けましたね。明けるかどうかわからなかったけど明けましたねーってネタは観れていないけど明けた。それに雑煮も食べた。