予定

12/20(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
<HEAVEN’S DOOR&ゲルチュチュ共同企画 −斬光夜 III−>
w / 金星楽団JA(ジャジャ岩城&エーコ) / 天狗ROCKERS / リビドーと悪魔 / Muddy Days
前売¥2,300 当日¥2,500
open/start 18:30/19:00

12/29(日)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
<GOLGO BUTCH×HEAVEN’S HOLLY BUTCH vol.7 年末スペシャル>
w / GOLGO BUTCH / ジェブキンズ / バイドク / DISGUNDER / Naokobitch&Midnight Stripper / HAIGAN / SLANG BOOGIE / ぬ界村 / SOUL-D! / PIGMEN / 極楽ドルチェ / 1000000$boyz
FOOD:中村屋
DJ:TAKA!
OPEN13:00/START13:30
前売/当日¥2.300+2 drink(¥1,000)


1/30(木)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

2/11(火)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

2019年3月31日日曜日

昼過ぎ。今日も春風へ。SOFTとDEAD PAN SPEAKERをじっくり。
その後、代々木公園、(ぬけ組)の花見に参加。暗くなった頃に寒さが我慢できなくて震えながら離脱。
「ブリッジオブスパイ」スピルバーグって何撮ってもスピルバーグだな。

2019年3月30日土曜日

久しぶりに代々木。新しい競技場はなんともニョキニョキと工事が進んでいる。まるで諸星大二郎の漫画に出てきそうな雰囲気。

Juicy Lero Lero@代々木公園「春風 2019」
?年振りの春風。屋台の肉やらメシやらピールやらでライブ前に割と苦しい。昼間、元ちとせを見ながらボンヤリと。
本番はあっというまに終了。あっというまであんまし記憶がない。とりあえずギリギリで雨を避けてラッキーなライブ。

2019年3月29日金曜日

ヨーグルトと毎日食べるようになり調子よくなったところと悪くなったところがある。トータルでいうと+1くらい。ちょっとした下痢は我慢する事にしてみる。そのうち慣れたらラッキー。

2019年3月28日木曜日

レロリハ。なーんか指が動かなくてベース弾くのが不安な最近。そんな最中ショーケンの訃報。頭に浮かんだ「惑星のポートレイト 5億万画素」は卓球の曲。(なんというタイミング)。

2019年3月27日水曜日

 なぜか帰りの電車が異常に混んでいて途中で一端離脱。再び乗ろうとした時近くに異常にスカートの短い女子が二人いたためヤバさを感じてまた離脱。こうやって気をつかっている男性がいるという事も知ってもらいたい気持ち。

2019年3月26日火曜日

 帰宅するとポストにサミットの割引券。(どこまでも汚いヤツめ)と思いながらも捨てられない割引券。
 電気グルーヴ、一体どんな復活をするんだろうか、と今日のDommuneを聞いて思う。こんなに愛されてる犯罪者って勝新以来だろう。
 地盤が弱かろう県民投票で負けようがウンコみたいなプライドで埋め立てを進める姿って竹ヤリで戦車に突っ込んでた時から全然変わってねーなー、という印象。後には引き返せない状況作ってとりあえず<やってる感>を出す事で勃起してる人たちがいる。
 近所にサミットが出来る。ここは以前からあるコーノとか丸正を応援したいところだが夜中の1時まで開いてるという魅力に勝てるだろうか。

2019年3月24日日曜日

 久しぶりに三田(蟻鱒鳶ル)へ。小さなフリマ会場には久しぶりの人だったりこの前会ったばかりの人だったり。割とたまらん気持ちになっていた。
 夜、レロレロリハ。いつものようにボンヤリとたいした事のない不安がある。花粉のせいもある。
「居酒屋ばあば」内田裕也が死んだ後にみるといろいろ感慨深い。樹木希林は未亡人という体験ができなかったんだな…と。

2019年3月23日土曜日

ゲルチュチュ@大久保水族館
<MAD MANIAX pre SHOCK MANIA vol.21>
w / CLASICKS / MAD MANIAX / not it? yeah!
久しぶりの水族館。好きだったカメは大きくなっていた。ライブは対バンも含めてよかった。本当に。

「摩天楼はバラ色に」高校の時レンタルビデオ屋でジャケをよく見てた映画。内容はアメリカ版「日本一の無責任男」。

2019年3月22日金曜日

 スカスカな内容なのに「まんぷく」って皮肉なタイトルだ。
 3-11以降というかピエールの件からすっかり世の中がドス黒くなってきたような空気。

2019年3月21日木曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
w / dokka no umi / カナリヤの咆哮 / LARK / Ginza 7
完全にゲルだけ浮いたようなブッキング。「たまにはこんなのはどうかと思ってね」と、ヘブンズ店長。

「反逆のメロディー」ガジローとソノシオンは似ている。

2019年3月20日水曜日

「中学生円山」エンケン!
「お母さん いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」(こんなミチロウ観たい?)と聞かれたらなんか微妙なとこもある。実家のシーンでいきなり壁が崩れてアルタ前ってのを想像してしまった。寺山修司となんとなく重なる印象。
「行き止まりの挽歌 ブレイクアウト」なぜだか妙にダサかっこ悪いハードボイルド。

2019年3月19日火曜日

(ダメ)の理由が(法律で決まってるから)ってのは思考停止してる感じがして好きじゃない。議論の余地がないのは進化のない宗教に似ている気がする。
それと同時にワイドショーを見てるだけでコカインの入手法、使い方、効能まで教えてくれるという矛盾。

2019年3月18日月曜日

内田裕也訃報。内田裕也がロックだったかどうかはわからん。ロックというかロックに憧れた人という印象。6月9日であれば故人も幸せだったろうに。それはそれとして「嗚呼!おんなたち 猥歌」「餌食」は俺のオールタイムベストのかなり上位だったりする。そういやフラワートラベリンバンドのプロデュースしたんだっけ?

2019年3月17日日曜日

「人生フルーツ」(映画版)そうか、この作品には(グルメ物)という一面もあったのか。「あの、おばあちゃんの作るプリンとかいくら払えば食えるんだ!」と真逆の馬鹿感想。
レロリハの途中、突如体調が悪くなる。頭が痛い。リハ後、みなと中華を食いに行ったが食欲がいまいち。風邪…?
頭が痛いが「アンドロメダ…」を鑑賞。よくわからん情報多すぎて疲れる。

2019年3月16日土曜日

新宿ぺぺ、楽器屋へ。リード、オイルスプレー、メタルポリッシュなど6000円を消費。6000円も。
新宿ペペの福引き券を二枚もらってポケットティッシュを二つ頂く。
「死刑台のエレベーター」登場人物の馬鹿っぷりにイライラする。花屋の娘はかわいい。
「バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋」話の内容はクソ嫌い。だが面白い。

2019年3月15日金曜日

(作品と作者は別もの)という理由で音源回収をしないでほしい…という意見とtweetでよく見かけるけど俺は人と作品は同じもんだと考えている。どんなに素晴らしくてもヒトラーが設計した家には住みたくないし勧めたくもない…にしても音源回収や映画のお蔵入りとか誰が考えた習慣か知らんが極刑に値する行為。とりあえず、ドラッグは合法にしてみたら?(BIGBANGは回収しないの?)
「正義だ!味方だ!全員集合!!」ドリフの最後の映画。志村けんがようやく少し前に出てきたが東村山音頭でブレイクするのは3ヶ月後。

2019年3月14日木曜日

そんなに好きでもないがヨーグルトを食べるようになって一週間あまり。なんとなく体調が良くなって来たような気がする。体臭もなんか変わって来たような気がする。思い込み大事。

2019年3月13日水曜日

朝、ピエールの報道、ひどすぎ。ワイドショーの品の無さは生きる希望を無くす。
昼、会社の近くで見つけたカレー屋。中に入るとタマネギの匂いで目がかすむ。そして味は最高だった。
夜、ゲルリハ。サックスは何かと物足りない感じの音。
「赤線地帯」群像劇だったのね。今まで知らなかったよ。川島雄三とか溝口健二とか黒沢以前の映画ってあまり通ってなかったどもっと早く観てればよかったよ。

2019年3月12日火曜日

「バリー・リンドン」わかりやすいのにわからないのは監督がキューブリックだから。神様目線の人間喜劇。
「TOKYO TRIBE」評判ほど酷いとは思わない。原作は読んだ事無いけど面白かったよ。清野菜名を第二の志保美悦子にする計画はないのか?
「俳優のピエール滝逮捕」というテレビのニュース速報。(俳優)に違和感を感じた人は多分これくらいでファンを離れる事はないだろう。

2019年3月11日月曜日

「最高殊勲夫人」殊勲夫人とは野球で言うところの殊勲賞を穫るくらいの婦人の意味。野球の話は最後の最後に前振りもなく出て来る。文子はかわいい。
「ザ・ドリフターズのカモだ!!御用だ!!」ドタバタ感は最後のシーンまで押さえ気味。ドリフが出てるのにドリフ感があまりない。志村はまだキャラがなく、コージとブーの前の出方が新鮮で樹木希林とのコントが最高。

2019年3月10日日曜日

 午前中に今日のレロレロのリハは終了。スタジオの隣のカレー屋に入るのも久しぶりで店の子供がすっかり大きくなっている。
 R-1グランプリ。ピン芸って大変だな…と。みんな面白かったけど尺が短すぎ。敗者復活まで残っていたいた街裏ぴんく、30分ぐらいじっくりみたい。

2019年3月9日土曜日

 新宿駅でC&Cを食べて幡ヶ谷に着いたのは15時過ぎ。昨日からちょっとテンションが高いのは今日のイベントのせいである。

SCUM2.1@幡ヶ谷FORESTLIMIT
<殺しのドラム2>
w / Mani Neumeier / Mani Neumeier +analchang / SCUM2.1+analsticks / エンゼルメイク(組原正+HIKO) / 山下哲史+梨木千鶴
DJ / coakira / Evil Pengin

 イベント名は物騒なだが多幸感に満ちていた。衝撃のエンゼルメイクで1up、ドラムというか地球を叩くマニさんを観てさらに2upした感じ。
 ボンヤリとした幸福感を感じながら中野に帰宅。某ラーメン店で晩飯食ってたら聞こえて来たのは某ナントカつよしが「霊峰富士の国の頂に〜俺たちは〜生まれてきたんだ〜」という曲。今日のイベントで触れた感じからのあまりの落差。スケールのショボさにイライラする。(しかも長い)

2019年3月8日金曜日

割と丁寧めにサックスの手入れをしてみた。あまりのサビの多さにヘコんでやめた。YOUTUBEでマッハスピード豪速球のネタを観てねる。

2019年3月7日木曜日

「王様は裸だ」と叫ぶ子供に「お前、本当に子供か?」「親に洗脳されてんのか?」とか聞くやつ。相手が子供だと何か不都合なことでもあるんだろうか。馬鹿は風邪をひかないから放っといても大丈夫というのも何とも失礼な感じだ。

2019年3月6日水曜日

「沈黙-サイレンス-」。宗教って面倒くせーなー。というのが正直な感想。(いいものだから他所の人にも教えよう!迫害されてもねー)というのも余計なお世話では?というのが正直な感想。主演の人ってまえはハクソーリッジにも出てたけど聖書キャラなのか?

2019年3月5日火曜日

 報道ステーション、辺野古の話題よりムーミンの話題の方がはるかに尺をとってる。番組にとって沖縄はムーミン以下らしい。報道ステーションの報道って何なんだろうかと…。ムーミンまで嫌いになりそうだ。
 新宿の楽器屋でキイオイルを物色。サックス用の普通のオイルが欲しいのだがいろんな種類があったので何が良いのかわからない。店員に聞いたらすぐに判明して購入。ついでに「めざせ!お手入れの達人」なる管楽器初心者用ののメンテナンスの小冊子をもらった俺はサックス歴30年だ。(凝縮すると10年ちょいくらいかも)

2019年3月4日月曜日

部屋の奥、山積みの荷物の中から以前使っていたサックスのケースを掘り出し、中にオイルが入っているか調べるがやはり入ってなかった。あきらめて買う事にしよう…と。

2019年3月3日日曜日

「しとやかな獣」。スゲエ映画だった。そして初期の森田芳光みたいな感じもした。川島雄三のことはよく知らないし<幕末太陽伝>くらいしか観た事無かった。できれば学生時代のうちに観ておきたかった。「この脚本誰だよ!…やっぱ。新藤兼人かー」って今までで何度か思った事がある。
「ヤング≒アダルト」。気軽に観てしまった。気軽ではなかった。

 不動産屋から電話。何かと思ったら家賃の催促だった。何かとバタバタしてたせいですっかり支払いを忘れていた。おそらく上京して二度目くらい。バタバタしてたがそんなにか?

2019年3月2日土曜日

 高円寺ギャラリーRでスーパー猛毒チンドンの写真展。コンポーザー佐藤さんと飛び入り気味の元気さんのミニライブはちょっと感動ものだった。極彩色の写真はまるで特撮ヒーローのようだった。
 サックスの動きがちょこっとばかしレスポンス悪。専用のオイルを探すが見つからない。サラダ油やら機械油やらゴマ油やら、うちにあるので代用出来るかか調べてみたがやっぱりダメらしいという事がわかった。

2019年3月1日金曜日

ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
w / キヨステ / 断絶交流 / 東京恋慕 / SOLVENT

ライブハウスのブッキング。全く趣味でない音楽をやっているバンドとかちあう事はよくある。そして趣味じゃないのに好きになる事もよくある。その度にその理由を考えたりする。
なくしたリードは無事発見。予想通りだがやはりここ(ヘブンズ)前回忘れていた。