予定

1/15(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
ー中止ー

1/26(火)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
ー中止ー

2/5(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
ー中止ー

2/26(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

2021年1月18日月曜日

 「バイス('18)」(アメリカはたまに狂うんです)って中学の頃社会の先生が言ってたな…。最近は(たまに)ではないような気がする。/馬鹿が権力者になるんじゃなくて馬鹿を権力者に祭り上げるんだろうな…とか/アベとかスガも疑似餌なのかもね/皮肉たっぷりなラストがたまらん/こういうコメディが作れる国をうらやましく思ってしまう。

2021年1月17日日曜日

 新型コロナに最初にかかった人の事を知ってる人は多分ほとんどいない。会った事のない知らない人の事を想像できたらこんなに病気は広がらない。多分ね。

2021年1月16日土曜日

 クマムシの「あったかいんだから~」は割と頭から離れない。

「吠えろ脱獄囚(62)」馬鹿っぽい感じの浜美枝がかわいい。佐藤允の笑い方がかっこいい。伏線ちゃんと張ってして2時間くらいにしたら…とか。銃撃戦のノンビリした感じが好き。

2021年1月15日金曜日

 「哀しみのベラドンナ('73)」73年でこれだ。アニメの進化って何なんだろうかって。表現も含めて。ぶットンデるシーンで本当にブっとびそうになって恐ろしい。

2021年1月14日木曜日

 「スティング('73)」はじめてちゃんと鑑賞してみた。途中で止めながら誰が誰だっけとか確認しながら。

「ナチュラル('84)」レッドフォードつながりで久しぶりに鑑賞。今まで思わなかった事や気づかなかった事がまだあった。

「さようなら('15)」鬱々映画。今でもタイムリーでカナリ辛い。昨日みた(日本沈没)のB面のようにも感じたりする。

「ディヴァイン・ディーバ('16)」ブエナビスタ的でもあり沈没家族的だったりもする。

2021年1月13日水曜日

 今のソーリ…というか前のソーリもそうなんdけど、原稿を読んでるだけの会見って自分のボロやバカを隠すのに必死の様にしか見えないんだよね。トランプでさえ画面越しに目が合う、

「もどり川('83)」最近(ハウスジャックビルト)だの(刺青)を観たせいで芸術家ってメンドークセーとか思ってたりしてて。熊代のハンコがどこもかしこに押してある感じ。(嗚呼!おんなたち 猥歌)のジョージとほぼ同じダメ男。割と大杉栄の含有量が高い。

「日本沈没('73)」意外と子供だましじゃなかった。今みるタイミングじゃないね。鬱々となってくる。/竹内均の地球の説明が懐かしすぎる。確かタモリが真似してたっけ。/キレイな女優さんが気になって名前を調べたら(嗚呼!おんなたち 猥歌)の角ゆり子。

「東海道お化け道中('69)」小さい頃読んだ妖怪大百科で観た事ある妖怪がたくさん出てくるのがうれしい。コメディ要素が薄くなったのがさみしい。

2021年1月12日火曜日

 世間は三連休が終わったとこだが俺は今日から三連休。かといってやる事は特に無い。休みだがいつものように起床する。

「砂の器('74)」名作らしいがどういう話か今まであまり気にした事もなかった。丹波哲郎が旅を楽しんで真実知って泣く話。ハンセン病についてちょこっと触れている。雰囲気が前に観た(人間革命)に似てると思ったら同じシナノ企画の作品だった。

「楽園('19)」(田舎怖い)みたいな感想があるけど、これって村=日本って事だよな。田舎じゃなくて日本が怖いんだよ。

「刺青('66)」犯罪映画。

2021年1月11日月曜日

 夜八時。仕事が終わって帰宅。開いてる店はコンビニとデリバリーのピザ屋のみ。朝5時の風景とほとんど変わらない。

「ハウス・ジャック・ビルト」やっぱり苦手な監督。高い表現力で作られた胸くそ悪い映像を250分耐えて鑑賞。ジャックに殺された人は天国に行くのかいな、と。

・最近思いついたやつ

→どこだかわからぬ知らない土地でほんとに放浪してしまう吉田類の話。

→生まれも環境も全く同じ双子の兄弟がヒョンな事から心と体が入れ替わって全く違う人生や価値観を持っていた事に気づく話。

→無実の罪をきせられた逃亡者が田舎の居酒屋で酒を飲みながら今後の事を考えていると吉田類とカメラが入ってくるところから始まる話。

2021年1月10日日曜日

 キングヌーに無茶苦茶文句言ってる夢を観てたらスマホのアラームが鳴ったまんまフリーズして朝からグタグタで起床。夢の中とはいえ聞いた事もないバンドの悪口を言ったせいでバチが当たったんだろうかと。おかげでバッチリ目が覚めて仕事へ。スマホの買い替えを考えながら。

2021年1月9日土曜日

 そういえば今朝みた夢もヤな感じの夢だった。実家の郵便受けからガタイのいいスーツの男3人が家の中をじっと見てるやつ。本当にヤな夢だった。

仕事でヘトヘトな状態で帰宅。トアル資格の合格証が届いている。予定されていたライブイベントが三つ中止になった。ちょっとだけホっちしている。とても寒いが、うちにはガスストーブがあった事を思い出した。

「れいわ一揆」アベンジャーズ。れいわの候補者が「ノって」くる感じが今まで観た事のある(原一男と被写体の関係)と似ている。すごく面白い。

「ほとりの朔子」今更ながら二階堂ふみってすごい女優かもな、と。役者のスゴさってよくわかんないけどそう思った。

2021年1月8日金曜日

 ひょっとしたらトランプは今回の件で初めて自分の影響力を実感したのかもな…と。

世間は明日から三連休だそうだ。どうでもいいけど。

確かに緊急事態には違いない。体感では去年の春からずっと緊急事態なんだが。

母から二度目の年賀状が二枚組で届いていた。

「東京人間喜劇」いまの深田晃司に近くなりつつある感じ。イヤな雰囲気とか。ラストの雰囲気に「バーディ」を思い出した。

2021年1月7日木曜日

 トランプ支持者が議会に乱入して死亡者あり、って何かスゴいというかどうかしているというか。

「椅子」いかにもな自主映画らしい自主映画。いまの深田晃司感はまだ薄め。出ているじいさんがキムギドクに似ている。

「激走!5000キロ」ノンビリした雰囲気は原題の(THE GUMBALL RALLY)の方が合う。なんにも残さない映画。

そういや、イソジンの効き目はどうなってんだっけ?

2021年1月6日水曜日

 今日のゲルリハは訳あってキャンセル。空いた時間はテレビで潰れる。

2021年1月5日火曜日

 黒いスーツを着た男たちが近くでコソコソと耳打ちしながらこっちを見てるんで注意をしようと。こっちが不快に思ってる事をちゃんと伝えるに(はっきりと大きい声で)と『ウルサイ』と叫んだらその叫び声で目が覚めた。何かヤな初夢だ。

早朝、道路に向かって手を合わせているおじいさん。不穏な空気を感じてドキドキしてたが彼の目線の先には神社があったんで少し安心。

昨日、変な感じで切れたので改めて実家に電話してみた。今日の母は上機嫌。

2021年1月4日月曜日

 「ぼけますから、よろしくお願いします。」何よりも家族がすごい。「i-新聞記者ドキュメント-」撮る側の立ち位置の変化するような印象。「なぜ君は総理大臣になれないのか」午前中からドキュメンタリー3本鑑賞。休日としてはまあまあ。

夕方、実家に年始の意味も含めて電話。いろいろ言われてへこむ。

2021年1月3日日曜日

 帰宅後、テレビをつけたらトイレの前に立っている役所広司をみた瞬間に(Shall We ダンス)とわかった。まあ、それだけなんだけど。

2021年1月2日土曜日

 もちは美味しい、と思うようになったのってここ最近のような気がする。

2021年1月1日金曜日

 なぜかトムキャットのふられ気分でロックンロールが頭の中で連続再生される仕事中。

帰宅後、U2のNew Year's Dayを一応聞いとく。縁起物っぽく。さらに正月っぽいものも多少食す。