予定

6/20(日)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア
<chemical reaction>
w / フルダヌキ / ぬ界村 / 代官山パンク日和 / MARLA
前売/当日 ¥2,300/¥2,500
open/start 16:30/16:50

7/7(水)ゲルチュチュ@高円寺二万電圧

7/12(月)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

7/23(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

8/6(金)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

8/25(水)ゲルチュチュ@三軒茶屋ヘブンズドア

9/3(金)ゲルチュチュ@巣鴨 獅子王

2021年6月3日木曜日

 まずリハスタジオへ。先週サックスのストラップの忘れ物があったか聞いてみる。平日午前のリハスタはガラガラで従業員も(あつ、人が来た)という感じ。どうやら目的の物は無さそうなんで新宿の楽器店へ。平日午前、さらにこの時期なんで人はガラガラ。改札口の場所が変わったのと東口のヤマダ電気がなくなった事に驚きつつペペへ。スンナリ乗れたエレベーターに驚きながら6階楽器店へ。しばし悩んで結局前と同じストラップとついでにいつもの青箱(リード)2半を購入。店員とちょこっと会話(サックスやってらっしゃるんですか?ボチボチです、的な)して他の楽器を物色(やれ、808、こんなにちっちゃくなっちゃって…とか、やれ106、こんなにちっちゃくなっちゃって…とか、やれ、また知らないギターのメーカーが、とか)してビルを出る。通りすがりの人の会話から(モヤモヤ病)という懐かしい単語が聞こえてきてあたりを見渡せばユキナビジョンにかつて、そう呼ばれてた人が歌う姿が映し出されていた。(この人は今後もモヤモヤと呼ばれるのだろうか)と思いつつ。帰宅してストラップの箱を開ける、(結局、前と同じか)と思っていたがちょっとだけデザインが変わり、微妙に使い易くなってる感じ。

「今ここにある危機とぼくの好感度について」日和ってもないし攻めっぱなしでもない。掘れば深いし、ちゃんとコメディ。あと、出てる役者が楽しそう。